ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

崖からニョキっとせり出したカナダの「クリフハウス」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
崖からニョキっとせり出したカナダの「クリフハウス」

ガラス張りの壁からは、ターコイズブルーの川。そして、森が望める。自然に囲まれたロケーションにポツンと建つモダンなキャビン。こんな別荘なら、理想的な週末を過ごせるだろうな。

偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てられたとのこと。

でも、これだけは言える。高所恐怖症の人には絶対に向かないー。 

スリル満点の眺望 

崖からニョキっとせり出したカナダの「クリフハウス」

Maralahは、「地震の間に生まれた人」という意味を持つネイティブ・アメリカンの言葉。そのネーミング通り、地震によって断層が動いて、岩の中から生まれてきたような印象を受ける。

カナダのカルガリー郊外、ボウ川を望む崖の上に建てられたクリフハウスは、岩石と調和して、景観の一部になっている。

◼︎キッチン&リビングルーム

建物は、比較的小さめの45㎡(約30畳)。だが、コンパクトにまとめられた室内は、狭さを感じさせない。ガラス窓に向かって、天井が傾斜している構造も部屋を広く見せているポイント。崖からニョキっとせり出したカナダの「クリフハウス」

◼︎ベッドルーム

特筆すべきは、リビングから階段を6段下りた場所にあるベッドルーム。真下に見えるのは川。宙に浮いているかのごとく、スリル満点の絶景が待っている。崖からニョキっとせり出したカナダの「クリフハウス」崖からニョキっとせり出したカナダの「クリフハウス」

◼︎シャワールーム・トイレ

シャワールームはガラスで仕切られていて、視界を遮ることがない。これも、広く見える工夫だ。絶景を眺めながらのシャワータイムは、都会のストレスを洗い流してくれるはず。

ちなみに、ちょっと分かりにくいが、白く囲われている部分はトイレ部分となっている。崖からニョキっとせり出したカナダの「クリフハウス」

建築を手がけたのは、斬新なデザインに定評のあるオランダのLaertis-Antonios Ando Vassiliou Architects。

サイド・アングルからは、空飛ぶカーペットならぬ、空飛ぶベッドルームぽくに見える。いろいろな意味で、忘れられない休暇を愉しめるだろう。崖からニョキっとせり出したカナダの「クリフハウス」Licensed material used with permission by Laertis-Antonios Ando Vassiliou Architects,Instagram

関連記事リンク(外部サイト)

スリル満点!「絶景」と「絶叫」を同時に味わう、崖から突き出たレストラン
雪山の崖から一気にジャンプ!大自然のスキーを疑似体験できるGoPro映像
世界で一番モダンな刑務所

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。