体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃事実】映画「君の名は。」の隠されたエンディングの真実が判明 / 新海誠監督が公開

kiminonaha3

空前の大ヒットとなった人気アニメーション映画「君の名は。」の知られざる隠されたエンディングが判明し、大きな話題となっている。

・もっとコミュニケーションをとる流れ
公開された映画では主人公の二人が階段ですれ違いつつも、名前を聞き合って終幕となる。しかしながら当初はもっとコミュニケーションをとる流れでシナリオが作られており、なんとお互いの名前を呼んで終わるのだ。以下は、新海誠監督のコメントである。

・新海誠監督のコメント
「君の名は。のテレビ放送があって、あらためてたくさんのご感想をいただきました、感謝です!意外に目立つのが「瀧と三葉はすれ違って終わる構想だったけど、会社に修正されてハッピーエンドになったんですよね」というもの。誤解です笑、脚本以前のプロットから終わりの形は決まっていたんです」

『君の名は。』のテレビ放送があって、あらためてたくさんのご感想をいただきました、感謝です!意外に目立つのが「瀧と三葉はすれ違って終わる構想だったけど、会社に修正されてハッピーエンドになったんですよね」というもの。誤解です笑、脚本以前のプロットから終わりの形は決まっていたんです。 pic.twitter.com/VRFQCevlCl

— 新海誠 (@shinkaimakoto) 2018年1月5日

kimi-no-na-wa

・どちらが好きなエンディング?
ファンタジー的でありながらリアルな日常も感じさせてくれる名作「君の名は。」だったが、皆さんは劇場で公開されたエンディングと、新海誠監督が特別にTwitterで公開してくたエンディング、どちらが好きだろうか?

ちなみにこの作品が成功した理由のひとつとして、アニメーター安藤雅司氏の功績も大きいといわれている。

もっと詳しく読む: 映画「君の名は。」の隠されたエンディングの真実が判明 / 新海誠監督が公開(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/06/kiminonawa/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。