体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界24ヶ国の言葉で乾杯しよう!プロースト!サウージ!スランチェ!

世界24ヶ国の言葉で乾杯しよう!プロースト!サウージ!スランチェ!

旅の楽しみの1つに、その国の人たちと交流するというものがありますね。海外の人たちとの出会いは、良い意味でカルチャーショックを与え,自分の視野を大きく広げてくれます。でも、初対面で仲良く慣れるのかしら?そんな時に、仲良くなりやすいのが、バーなどお酒を飲む場所。

ちょっと気が大きくなって、声もかけやすいですよね。世界中の「乾杯!」を覚えてバーで現地の人たちや他の旅行者と仲良くなっちゃいましょう!

*編集部追記
2015年の記事に13ヶ国の乾杯を追加しました(2018/01/06)

 

アジアの乾杯!

中国や韓国などの乾杯は日本と同じで、「杯を干す」、飲み干すという行為そのものを表す意味の言葉を使っています。どうも「乾杯」という行動の起源はヨーロッパのようで、日本でも幕末にイギリスと条約を結んだ際に、イギリスに敬意を示してイギリス流のお祝いとして乾杯をしたのがはじめのようです。

外から入ってきた行為だと思えば、「乾杯」という言葉が動作そのものの意味なのも頷けます。

韓国は「コンベイ」
タイ語の「チーヤ」
ヒンズー語は「チアース」
ベトナム語は「カンリー」
インドネシア語は「ベルスラン」

 

中国の乾杯!

中国で乾杯

photo by pixta

中国の乾杯は「干杯(ガンベイ)」

中国の乾杯の手順はこちら
①それぞれグラスに注ぎます。このとき誰が誰のビールを注ぐなどの明白な決まりはありません。
②乾杯をします。「干杯(ガンベイ)」!
③ここで注意しなければいけないのはグラスの高さです。自分のグラスがホスト役のかたのグラスよりも高くなっては失礼な行為となってしまいます。

 

ヨーロッパの乾杯!

ヨーロッパの乾杯

 Photo by shutterstock

さてアジアにも影響を与えた乾杯の本家本元、ヨーロッパ。乾杯はそもそも宗教的儀式が起源のようですが、

フランスは「サンテ」
イタリアは「アッラサルーテ」
スペインは「サルー」
ポルトガルは「ヴィヴィ」

ポルトガルの「ヴィヴィ」などラテン系では相手の健康を祝う意味の言葉が「乾杯」を表す言葉として使用されています。杯を飲み干す意味は毒が入っていないことを示すため、と少々物騒な説もあります。

諸侯が乱立し領地争いを繰り広げてきたヨーロッパの歴史を考えるとなんとなく納得できそうです。

 

ドイツの乾杯!

ドイツで乾杯

photo by shutterstock

ドイツの乾杯は「Prost!(プロースト)」

ドイツの乾杯の手順はこちら
①ビールを注ぐ前にお互いのグラスを当て合わせます。
②ビールを注いでアイコンタクトを行いながら…
③「Prost!(プロースト)」! と言ってお互いにビールを合わせます。

 

ハンガリーの乾杯!

ハンガリー

photo by shutterstock

ハンガリーは中央ヨーロッパに位置する国でオーストリアなどに囲まれた共和国家です。ハンガリーの乾杯は「Egészségére!(egg-esh ay・ged・reh・)」

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。