ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【福島に美酒あり!】冬におすすめの日本酒11選!日本酒度・酸度ガイドあり

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
福島県の日本酒

福島県中通りは、南北に連なる奥羽山脈と阿武隈山地にはさまれた県中央部のエリア。福島のお酒といえば、会津地方が全国的に知られているけど、中通りにも、清らかな水とおいしい米で作られた個性豊かな日本酒が揃っている。今回は、そんな福島より、おすすめの日本酒をご紹介いたします。この冬は蔵元を訪ねて、あなたのお好みに合う一本を見つけてはいかがでしょうか。

記事配信:じゃらんニュース

甘口か辛口か、好みの日本酒を選ぶ目安

甘口か辛口か、好みの日本酒を選ぶ目安

基本的な目安として覚えておきたいのはラベルに記載されている日本酒度と酸度(記載なしの場合もあり)。日本酒度は、数値がマイナスで大きいほど甘口、プラスで大きいほど辛口。酸度は、高いほど芳醇で辛口と感じやすく、低いほど淡麗で甘口と感じやすくなる。甘口辛口はあくまでも口当たりの感覚、日本酒度も酸度も絶対値ではないが、日本酒選びの参考になる。

【福島に美酒あり!】この冬おすすめ日本酒12選!日本酒度・酸度ガイドあり

1.大七酒造

宝暦二(1752)年創業、大七は酒の代名詞。

大七酒造代表銘柄「純米生酛(じゅんさいきもと)」◎日本酒度 +3 ◎酸度 1.8

良質な米が実り、名水の地でもあった二本松は、古くから酒造業が栄えた。大七酒造は日本酒の最も正統な醸造法といわれる「生酛(きもと)造り」で全国でも高い評価を得ている。G8洞爺湖サミットの首脳夫人晩餐会の乾杯酒に採用され、また欧州の王室主催晩餐会でも供された。近年では杜氏・佐藤孝信の「生酛(きもと)造り」の功績が認められ、「現代の名工」に選ばれている。

●見学可(要予約/6名様限定)

●直売あり 大七酒造(だいしちしゅぞう)

TEL/0243-23-0007

住所/福島県二本松市竹田1-66

営業時間/9時~17時

定休日/土日祝

アクセス/電車:東北本線二本松駅よりタクシー5分

車:東北道二本松ICより7分

駐車場/6台

「大七酒造」の詳細はこちら

2.金水晶酒造店

福島市唯一の造り酒屋、8年連続金賞受賞。

金水晶酒造店代表銘柄「金水晶 大吟醸」◎日本酒度 +1 ◎酸度 1.2 金水晶酒造店生産量が少ない限定酒も入手できる蔵元直営店舗

水や米、杜氏や蔵人まで、地元福島にこだわった酒造りが信条。新酒鑑評会金賞・純米酒大賞金賞の「金水晶」は金、水、晶を3つで表したデザインがSAKE COMPETITION2017のラベル部門でも入賞している。

●直売あり 金水晶酒造店(きんすいしょうしゅぞうてん)

TEL/024-567-2011

住所/福島県福島市松川町字本町29

営業時間/8時~18時

定休日/土日祝

アクセス/電車:東北本線松川駅よりタクシー5分

車:東北道福島松川PAスマートICより5分

駐車場/3台

※直営店舗が隣接・見学は不可

「金水晶酒造店」の詳細はこちら

3.奥の松酒造

全国新酒鑑評会9年連続金賞受賞。

奥の松酒造代表銘柄「奥の松 大吟醸雫酒十八代伊兵衛(おくのまつ だいぎんじょう しずく さけじゅうはちだいいへい)」◎日本酒度 +3.0 ◎酸度 1.3 奥の松酒造酒蔵ギャラリーには試飲コーナーもある

二本松にて酒造業を始めて三百余年の歴史ある酒蔵。良質な酒米と安達太良山の伏流水から造られるお酒は、全国新酒鑑評会や全米日本酒歓評会など国内外で高い評価を得ている。女性や若年層への商品開発にも注力。

●見学可(要予約)

●直売あり 奥の松酒造(おくのまつしゅぞう)

TEL/0243-22-2153

住所/福島県二本松市長命69

営業時間/10時~17時(酒蔵ギャラリー)

定休日/年末年始

アクセス/電車:東北本線杉田駅より徒歩10分

車:東北道二本松ICより10分

※見学可

※瓶詰工場ラインの見学(平日のみ・要予約)・試飲コーナーや直売ショップがある酒蔵ギャラリーあり

「奥の松酒造」の詳細はこちら

4.渡辺酒造本店

全国金賞4回、東北優秀賞16回、県金賞19回。

渡辺酒造本店代表銘柄「雪小町 大吟醸蔵元入魂の雫(ゆきこまち だいぎんじょうくらもとにゅうこんのしずく)」◎日本酒度 +5 ◎酸度 1.7

酒造好適米の生産に尽力し、地元産の酒米を自社田と契約田で栽培。仕込み水は、ミネラルが程良く溶け込んだ、あぶくま鍾乳洞由来の中硬水を使用。芳醇で辛口な味わいの酒造りに専念し、飲み飽きない爽快な酒質を実現。さまざまな品評会において多数の賞を連続または通算で受賞。「雪小町」という可憐な名は、東北に美酒ありの想いが込められている。

●直売あり 渡辺酒造本店

TEL/024-972-2401

住所/福島県郡山市西田町三町目字桜内10

※見学不可、蔵から200m先に直売店「酒の櫻家」(TEL 024-972-2121)あり

「渡辺酒造本店」の詳細はこちら

5.佐藤酒造店

宝永七(1710)年創業、銘は二本松藩主命名。

佐藤酒造店代表銘柄「藤乃井(ふじのい)」◎日本酒度 +1 ◎酸度 1.4

奥州街道沿いにある酒蔵。かつて敷地内に美しい藤が咲き誇り、通りかかった二本松藩主丹羽公が「藤乃井」の銘を授けたと伝えられる。手間を惜しまず、地産地消を大切に、地元に根ざした酒造りを心がけているという。

●見学可(要予約)

●直売あり 佐藤酒造店

TEL/024-922-1763

住所/福島県郡山市富久山町久保田字久保田5

営業時間/8時~17時

定休日/土日祝

アクセス/郡山駅より徒歩15分

「佐藤酒造店」の詳細はこちら

6.仁井田本家

正徳元(1711)年の創業以来、自然米による酒造り。

仁井田本家代表銘柄「にいだしぜんしゅ」◎日本酒度・酸度/非公開 仁井田本家管理された鳳蔵内では酒米が静かに眠りながら発酵が進んでいく

「日本の田んぼを守る酒蔵」をめざし、無農薬・無化学肥料で栽培された自然米を使用。自社山の湧水と自社田の井戸水を汲み上げ、蔵に伝わる独自の四段仕込みで醸造。良い米と良い水で体に良いお酒を造る原点を守る。

●見学可(要予約)

●直売あり 仁井田本家(にいだほんけ)

TEL/024-955-2222

住所/福島県郡山市田村町金沢字高屋敷139

営業時間/8時~17時

定休日/10月~3月日、4月~9月土日祝

アクセス/電車:郡山駅より車で20分

車:東北道郡山ICより車で50分

「仁井田本家」の詳細はこちら

7.笹の川酒造

普段の食事においしく味わえる多種のお酒を造り続けて220余年。

笹の川酒造代表銘柄「特別純米 笹の川」◎日本酒度 +1.5 ◎酸度 1.2 笹の川酒造笹の川酒造の杜氏は、常務取締役の山口敏子さんが務めている

創業明和二(1765)年。「日本酒は料理と出会って美味しくなる」をコンセプトに、普段の食事に合う飲みやすいお酒を追求。日本酒だけでなく、焼酎甲類・乙類、ウイスキー、スピリッツ、リキュールなども製造している。

●見学可(要予約)

●直売あり 笹の川酒造

TEL/024-945-0261

住所/福島県郡山市笹川1-178

営業時間/8時30分~17時

定休日/土日祝

アクセス/郡山駅より車で15分

「笹の川酒造」の詳細はこちら

8.白河銘醸

独自技術により飲みやすいお手頃な酒造りを。

白河銘醸代表銘柄「谷乃越(たにのこし)しぼりたて」◎日本酒度 ±0 ◎酸度 1.3

日光国立公園の甲子温泉や阿武隈川の源流など、自然豊かな那須山麓の地で酒造りに励む。日本酒は古来伝わる飲み物、安く安心して味わえるよう、特定名称酒にこだわらない姿勢を貫く。商品アイテム数は300を超える。

●直売あり 白河銘醸(しらかわめいじょう)

TEL/0248-25-1121

住所/福島県西白河郡西郷村大字小田倉字中庄司4-2

営業時間/9時~17時

定休日/土日祝

アクセス/新白河駅より車で7分・徒歩で25分

「白河銘醸」の詳細はこちら

9.千駒酒造

一年で売り切る分量だけ心を込めて醸す。

千駒酒造代表銘柄「千駒 白河産五百万石 純米吟醸(せんこま しらかわさんごひゃくまんごく じゅんまいぎんじょう)」◎日本酒度 +3 ◎酸度 1.6 千駒酒造酒蔵入口にシックな佇まいの蔵元直売所がある

蔵の大きな井戸から汲み上げた那須甲子連峰の豊かな伏流水を全工程で使用。酒造米は地元産「五百万石「」 チヨニシキ」などを厳選。昔から馬市が盛んな白河にあって若駒のような逞しさを酒に託し「千駒」の名に。

●見学可(要予約)

●直売あり 千駒酒造(せんこましゅぞう)

TEL/0248-23-3057

住所/福島県白河市年貢町15-1

営業時間/8時~17時

定休日/日祝

アクセス/電車:白河駅より車で約5分、新白河駅より車で15分

車:東北道白河中央スマートICより10分

「千駒酒造」の詳細はこちら

10.大谷忠吉本店

蔵は市の歴史的風致形成建造物に指定。

大谷忠吉本店代表銘柄「白陽(はくよう)」◎日本酒度 +4 ◎酸度 1.6 大谷忠吉本店「白陽」と「登龍」が二大銘柄、蔵と社屋は歴史を感じさせる

地元の米と水と人を使ってこそ地酒。その信念のもと、米は地元農家が丹精込めて育てた米を、水はミネラル類を程良く含んだ那須山系の伏流水が創業時から湧く蔵の井戸水を使用。杜氏と蔵人の愛情と熱意で磨き続けている。

●見学可(要予約)

●直売あり 大谷忠吉本店(おおやちゅうきちほんてん)

TEL/0248-23-2030

住所/福島県白河市本町54

営業時間/9時~17時

定休日/土日祝

アクセス/白河駅より徒歩5分

「大谷忠吉本店」の詳細はこちら

11.大木代吉本店

慶応元(1865)年創業、駅から蔵が見える。

大木代吉本店代表銘柄「自然郷 BIO(しぜんごう バイオ)」◎日本酒度 +1 ◎酸度 1.4

昭和49(1974)年、純米酒のパイオニア的存在として注目された「自然郷」を生産。現在も地元契約農家のお米を原料に、お米の旨味とお酒の鮮度を大切にした上質な酒造りに取り組んでいる。

●見学可(要予約)

●直売あり 大木代吉本店

TEL/0248-44-3161

住所/福島県西白河郡矢吹町本町9

営業時間/9時~17時30分

定休日/火

アクセス/東北本線矢吹駅より徒歩2分

「大木代吉本店」の詳細はこちら

こちらもおすすめ!

福島県観光物産館(コラッセふくしま)

福島のおいしい地酒と名産品を買うなら…。

福島県観光物産館(コラッセふくしま)「コラッセふくしま」は駅西口 福島県観光物産館(コラッセふくしま)日本酒試飲イベント開催もある

ココは福島土産のデパート!

福島の地酒をはじめ、名産や特産品、工芸品などが取り揃う福島県観光物産館。 福島県観光物産館(コラッセふくしま)

TEL/024-525-4031

住所/福島県福島市三河南町1番20号 コラッセふくしま1階

営業時間/9時30分~19時

定休日/年中無休

アクセス/電車:福島駅西口より徒歩3分

車:東北道福島西IC、福島飯坂ICより15分

駐車場/有料駐車場30分まで無料・以降30分毎100円

「福島県観光物産館(コラッセふくしま)」の詳細はこちら

食と地酒「もりっしゅ」

郡山と福島各地の地酒が飲み比べできる店。

食と地酒「もりっしゅ」月替わりの唎き酒セットは地酒4種類計1合と福島の肴5種類で1500円

福島の地酒をココで楽しもう!

郡山駅ナカ1階にある福島の酒と食が気軽に楽しめる地酒バー。新幹線の待ち時間にも便利。数10種類の地酒をはじめ、地ワイン、地ウイスキーなどのメニューも豊富。 食と地酒「もりっしゅ」

TEL/024-933-5105

住所/福島県郡山市燧田195 JR郡山駅エキナカ1階

営業時間/11時~22時(LO21時/ランチタイム11時~15時)

定休日/なし

アクセス/郡山駅構内

「食と地酒「もりっしゅ」」の詳細はこちら

寿司割烹 梅寿

地酒を味わいつつ、こだわりの寿司を。

寿司割烹 梅寿全国の銘酒が驚きの品揃え

白河に酒と寿司の名店!

知る人ぞ知る有名店。噂を聞きつけた日本酒通が連日集う。酒、つまみ、寿司、どれも店主のこだわりが別格。女将さんは?酒師の資格をもつ。 寿司割烹 梅寿(ばいじゅ)

TEL/0248-23-2493

住所/福島県白河市新蔵町6-1

営業時間/17時~22時(ランチ営業前日までに要予約11時30分~14時)

定休日/不定

料金/予算目安5000円~(酒量により異なる)・日本酒1合700円前後(4合瓶で3000円~4000円程度)

アクセス/白河駅より徒歩5分

白河関のそば

日本酒に合う、締めのそばをお土産に。

白河関のそば白河といえばラーメン?じつはそばもなかなかの評判

自家用のお土産にも最適!

冷涼な気候で育った県内産そば粉を使用。日本酒でそばをたぐる粋。 白河関のそば

TEL/0248-23-2310(有限会社白河関のそば)

住所/福島県白河市桜町147

営業時間/9時~17時

定休日/日祝

料金/4束入713円/7束入1188円/14束入2376円

※直売あり・新白河駅、白河駅、市内のイオン、ベイシア、ヨークベニマルなどで購入可

※この記事は2017年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

唐津・呼子の名物「イカの活造り」を味わうなら♪贅沢ランチが大正解【佐賀】
下呂温泉の旅館で温泉女子会♪下呂観光のモデルコース【岐阜】
寒い冬は温泉へ!絶景&効能豊かなおすすめ日帰り温泉22選【関東・甲信越】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。