体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

指1本でゲームや家電を操作! スマートリング「Talon」、間もなくプレオーダー開始

ゲームや家電、VRデバイスなどのコントローラーとして使えるマルチなスマートリング「Talon」が、1月9日からプレオーダーの受付を開始する。

価格は129ドル(約1万5000円)。2018年春にも出荷が始まる見込みだ。

・9軸モーションセンサー内蔵

Talonは人差し指にはめて使うリング。指輪というにはやや大きいが、それでもこれ1つであらゆるデバイスのコントローラーになると思えばコンパクトと言ってもいいだろう。

9軸モーションセンサーや加速度センサーを内蔵し、あらゆるアプリに対応するのが売りだ。

・ゲームパッド操作をリングで

具体的な使い方としては、まずはゲームコントローラーとしての機能が挙げられる。TalonはiOS、Androidどちらとも連携し、ゲームパッドの操作をTalonでできるようになる。

また、あらゆるスマート家電のコンローラーにもなるので、照明のオンオフを操作したり、スマートテレビのメニュー一覧から好みの番組を選んだりということはお手の物だ。

そのほか、カメラと連携させて遠隔からシャッターを切ったり、プレゼンテーションでパワーポイントを動かしたり、ドローンを操作したりといったこともできる。

デベロッパー向けにSDKを無料公開しているので、活用の仕方はまだまだ増えそうだ。

開発を手がけた米カリフォルニア拠点のスタートアップTitanium Falconは、1月9日から同社のサイトでプレオーダーの受付を開始する。

Talon

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。