体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上月せれな、全32曲を披露した怒涛のワンマンライブ完走!

孤高な爆弾小娘/ライブモンスターこと、ソロアイドルとして活動中の上月せれな。彼女が12月30日(土)に新宿BLAZEで通算6回目となるワンマン公演『BLAZING MOON』を行った。みずから『上月せれな史上最大規模のワンマンライブ』と題したこの日の模様と、本人に決行したインタビューをお届けする。
2017年12月30日@新宿BLAZE (okmusic UP's)

『最後までみんなと一緒に、どちらが体力が続くかの勝負だと思っております。負ける気はありません!』

場内を埋めつくした観客たち。何より、フロアーから沸き上がる絶叫が、上月せれなの胸の内を熱く昂らせていた。歴史に刻まれること間違いないこの日のライブは、上月せれなのライブでもつねに熱い一体化を作りあげる『VISION.』から幕を開けた。「最後までみんなと一緒に、どちらが体力が続くかの勝負だと思っております。負ける気はありません!」の言葉通り、気持ちを嬉しく祭りあける演奏は、超ハイテンションガールな上月せれなに似合うユニフォーム。サビでは、観客たちが両隣の人たちと肩を組み「おーおー」と歌声や掛け声を上げ、この空間へ最高の想い出を作りあげようと全力ではしゃいでいた。一緒に史上最大規模の熱狂を作りあげてやる、互いに抱いたその意気込みは、最初から大きな熱狂の花を咲かせていた。

その気持ちを煽るように、上月せれなはみずからの代名詞でもある「ハイテンションガール」をぶつけてきた。これは、彼女の始まりを告げた歌。キラキラと弾けた楽曲へ飛び乗り、上月せれなは拳を振り上げ、舞台を右へ左へ走りながら、最初からテンション高いファンたちの気持ちのレベルを、さらにグーンと上げてゆく。この熱狂を肌に感じていたら、マジにアイドル界へレボリューションを起こせそうな気分になっていた。彼女に刺激を受け、全力で飛び跳ねる観客たち。このテンション、どこまで上がり続けてゆくか楽しみだ。それ以前に、体力は大丈夫か?軽快に駆けだした「Shake the DiCE」が、気持ちを青春の輝きの中へ連れ出した。「みんなで一緒に笑っていこう」と呼びかける上月せれな。キュートな笑顔で共に未来を描こうと誘われ、誰もが熱い気持ちでその想いへ飛び乗っていた。終始、声を上げ、拳を振り騒ぎ続ける観客たち。その笑顔で誘われちゃ、声枯れる勢いで叫びたくなるのも当然だ。弾けたポップでチープスリルなダンスビートに乗せ、ぐるぐる廻りながら上月せれなが届けたのが「ぐるぐるはじけーしょん!」。終始、はしゃぎモードでファンたちと一緒に大騒ぎ。ヤバいよ、テンションがぐるぐる上昇しっぱなしだよ。OVA『天地無用!魎皇鬼』のテーマ曲「天地無用!」の登場だ。凛々しさの中へ可愛らしさを抱いた歌声へ、一瞬にして胸がキュッと疼いた気分。「強くなれるんだ」と凛々しさを持って力強く歌う姿に、上月せれなの明日へ進む強い意志を感じ取っていた。何より、手拍子や掛け声をぶつけ、ともに熱い血潮たぎらせる姿に。本気の感情をぶつけあい作りあげた一体化した熱量に、気持ちが熱く騒がずにいれなかった。ロリポップでキュートな仕種と甘えたムードで上月せれなが歌いかけたのが、カバーナンバー「スクランブル」。「くるくるまわる」と可愛さたっぷりな歌声に触発され、フロアー中のファンたちが一斉にくるくると大きなサークルを描き出した。ヤバいよ、これ。何がヤバいって、歌に合わせくるくる駆け回る楽しさもだけど、上月せれなの甘えた歌声にマジに心がとろけそうだ。ぶっ飛んだテンションのまま、騒ぎ続けたいナ。上月せれなと一緒にはしゃぎたいナ。そんな気持ちへ寄り添うように、彼女は軽快にスキップした「踊っチャイナ!」をプレゼント。「楽しまなきゃ意味ないじゃん」という歌詞通り、くるくる腕を振りまわし歌い踊る上月せれなの動きに合わせ、会場中の人たちが踊りはしゃいでいた。序盤からこんなにも気持ちがぶっ飛び続けているように、今日のライブ、上月せれなと一緒に忘れられない記憶を描けそうな予感がする。「君と僕を繋ぐ歌~僕らは繋がっている」と呼びかけられるたび、絶叫と、舞台へ向け伸ばした手を通し、僕らは固く心の握手を交わし合っていた。

「言いたいことを聞かせてください」、みんなで言いたいことを叫ぶナンバー「告白☆スリーカウント」が飛び出した。普段から言いたいことはたくさん心に抱えてるよ。でも、笑顔で歌う上月せれなに触発され大騒ぎしていたら、ネガティブな感情など一気にぶっ飛んじゃったよ。むしろ、彼女の「大好き」の告白に胸がバクバク膨らめば、テンションが上がりっぱなしだ。弾けた雅な音色に乗せ、上月せれなは早口で「じゃぱにーずかるちゃー」を届けてくれた。ジャパニーズカルチャーの素晴らしさを大プッシュしてゆくこの歌、僕らにとっては、上月せれなこそがジャパニーズカルチャーを象徴する存在。その魅力を、彼女自身が何時か世界へ発信してゆくことを期待したい。何より、この熱狂をもっともっとたくさんの人たちに受け継ぎたい。上月せれなとファンたちの関係を強く結び合う「君と僕を繋ぐ歌」の登場だ。ファンたちと一緒に未来へ進む意志や想いを、彼女は疾走する楽曲の上で力強く歌いかけてゆく。「君と僕を繋ぐ歌~僕らは繋がっている」と呼びかけられるたび、絶叫と、舞台へ向け伸ばした手を通し、僕らは固い心の握手を交わしていた。キラキラと輝く歌が、胸を嬉しくはしゃがせる。「君が大好き」「俺もー」、「ダイスキスイッチ」の歌を通し眩しい言葉を受け止めるたび、興奮した想いを返さずにいれなかった。超ハイテンションで「大好き」と連呼されるたびに、場内中から飛び交う「俺もー」の声。ヤバイよ、沸き上がる熱した感情はもはや制御不可能だ。大好きスイッチがオンになったんだもの、一緒に感情をスパークさせなきゃ、ここにはいられない!

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。