体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電波の届かないエリアにいる人がSOSを発信できるスマホアプリが誕生

スペインのアリカンテ大学の研究チームは、スマートフォンのWiFi信号を活用し、電波の届かないエリアにいるユーザーの位置を発信するスマホアプリを開発。

山での遭難や自然災害時の捜索活動に役立つソリューションとして注目されている。

・電波の届かないエリアでもユーザーの位置を発信

このスマホアプリは、モバイルデータ通信が利用できなくても、WiFi信号を発することで、“SOS”を数キロメートル圏内に発信。

ユーザーは、電波の届かない場所で事故などに遭った際、このスマホアプリを起動させるだけで、30時間以上、スマートフォンからWiFi信号を定期的に発することができる。

WiFi信号を通じて、ユーザーの位置情報だけでなく、「怪我をしています」、「遭難しました」といった短いテキストメッセージを伝えることも可能だ。

研究チームでは、WiFi信号を検知するための専用ポータブル受信装置も開発した。

500グラム程度と軽量なこの装置には小型アンテナが装着され、救助隊員のスマートフォンと接続。

救助隊員は、スマートフォンを通じて、WiFi信号が検知されたことがわかり、捜索や救助にあたることができる。

・多くの人命を救う画期的なソリューション

これらスマホアプリと専用ポータブル受信装置の試作品は2016年初めに製作され、すでに、スペイン治安警備隊の山岳救助隊や海難救助隊などでフィールド実験を実施。

3キロメートル圏内にある専用ポータブル受信装置が行方不明者のスマートフォンから発するWiFi信号を検知することに成功している。

電波の届かないエリアでの捜索や救助には、時間と人的リソースが必要。

約600ユーロ(約8万1000円)程度のコストでまかなうことができるこのソリューションは、捜索や救助の任務を効率化させ、より多くの人々の命を救うことにつながりそうだ。(文 松岡由希子)

Universidad de Alicante

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。