体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【神業】PUBG対決! 人気配信者参戦! 視聴者参加型ゲーム大会PUBG配信者杯が「魅せプレイ」だらけで面白すぎる

pubg1

ネットで人気の配信者が集まって昨年12月29日(金)20時から、ニコニコ生放送で開催されたゲーム大会「PUBG配信者杯」。

・公式大会ではあり得ない異質なルール
日本でもe-sports熱が高まってきているなか、メインの参加者がプロゲーマーや実力のあるプレイヤーではなく「配信者であり、視聴者(=企画内では「リスナー」と表現)がプレイやコメントで直接ゲームの展開に関与できるという、今までの公式ゲーム大会ではあり得なかった異質なルールとなっていたが、大会後に視聴者からTwitterで「おもしろい!」「またやって欲しい!」という感想が相次いでいるようだ。

・最後に生き残るまで戦う
大会で使用されたのは全世界で300万人以上が同時接続して遊んでいる人気ゲームタイトル「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ・PUBG)。孤島で複数人のプレイヤーが武器と知恵を使って、最後に生き残るまで戦うバトルロイヤルゲームだ。

・プレイ画面を実況しながら生放送
通常であれば、実力者を中心とした参加者を募ってナンバーワンを決める大会になりそうだが、PUBG配信者杯では配信者1人がリーダーとなり、その配信者の視聴者9人とで即席10人組のチームを組んで参加。配信者はリアルタイムでニコニコ生放送・YouTube・OPENRECなどで自身のプレイ画面を実況しながら生放送をすることがルール上義務づけられていた。

・位置情報を知ることが勝利への重要な鍵
PUBGというゲームの特性上、相手チームがどこにいるかという位置情報を知ることが勝利への重要な鍵となるのだが、生放送を見ている多数の視聴者は、負かしたい配信者の生放送を見て、味方したい配信者に生放送へのコメントを通じてこうした情報を伝えることができる(本来は規約上禁止であるが、本大会のみ特別許諾されたルールとのこと)。

・珍プレイと魅せプレイ
ただし、これらのコメントにはデマが含まれている可能性もあり、これによって配信者が混乱してしまうこともある。PUBG配信者杯の視聴ページに書かれたサブタイトルにもある通り、まさに「共闘・密告・情報戦」となっており、この異質なルールが通常のゲーム大会では見られないような珍プレイ・魅せプレイを続出させた。

・奇策でチームを優勝に導いた
全3回戦のうち、第1回戦で優勝(=ゲーム内用語では「ドン勝」という)した、美人女性配信者の「おもちまいん」さんは、9人の視聴者と協力をしてフィールド内各所にある「車」をかき集めた。

ゲーム内では本来移動用に使うことが多い車を、大会でMC・実況を務めた「加藤純一さんの表現を借りれば、まるで「中古車カーショップ」のように並べ、最終的には敵チームからの狙撃を防ぐ壁を作るという、これまでのPUBG大会では見たことのないような奇策でチームを優勝に導いた。

pubg2
pubg3

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。