体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつでも美味しいグラスワインを堪能できるカメラつきワインセラー「Plum wine system」

ワイン好きに朗報!「Plum wine system」は、いつでも完璧な状態で管理されたグラスワインを楽しむことができるワインセラーだ。機能もさることながら洗練されたデザインも注目を集めているという。

・自動的に加圧、風味とアロマを保存

「Plum wine system」には、天然や人工のコルクを含む標準の750mlボトル、また金属製のスクリューキャップでのボトルも設置が可能。2本のボトルを収納可能で、ボトルを設置すると自動針が自動的に挿入され、酸化を防ぐためのアルゴンガスでボトルを加圧して風味とアロマを保護してくれる。

熱電式固体冷却システムのおかげで各ボトルは、理想的な温度に自動的に冷却され、個々の味に合わせて温度をカスタマイズすることも可能だという。特に注目したいのがワインの認識機能。内蔵されたカメラがラベルをスキャンしてくれるのだ。品種、ヴィンテージ、地域、ワイナリー、を自動的に識別し、豊富なデータベースをもとにに、ワインに適した環境で管理してくれる。

・フルスクリーンにワインラベルが表示

プラムのタッチスクリーンには近接センサーが装備。接近すると点灯し、ワインラベルを表示。まるで仮想テイスティングルームにいるかのような気分が味わえるという。

スリムな15インチ幅で、キッチンでも場所をとらない大きさに設計されている。自動洗浄機能もついているので、いつでも完璧な1杯を味わうことができる。

本体自体の管理も非常に手軽で、難しい操作は不要で扱いやすいのもメリット。毎日の晩酌やホームパーティの際なども活躍してくれそうだ。

Plum wine system

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。