体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年にアメリカで最も売れたアナログ盤は?

2017年にアメリカで最も売れたアナログ盤は?

 ニールセン・ミュージックによると、2017年(集計期間:2016年12月30日~2017年12月28日)に全米でアナログ盤の売上げが1432万枚を突破し、前年より9%増となった。これは、同社が1991年に音楽セールスとデータの電子集計を始めてから過去最高で、昨年は1310万枚の売上げがあった。

 全米でのアナログ盤のセールスは12年連続で上昇傾向にある。これは、過去の作品の再発や新作がこのフォーマットでより多く発売されていること、アマゾン、アーバン・アウトフィッターズ、バーンズ&ノーブルなどでのキャンペーンや恒例の【レコード・ストア・デイ】の開催がその要因となっている。

 アナログ盤は、2017年の総アルバム・セールスにおいて8.5%を占め、昨年の6.5%からさらに数字を伸ばしている。また、2017年のフィジカル・セールスにおいては14%と前年の11%から3%増となっている。

 アナログ盤のセールスは、数枚のヒット作のみではなく、幅広いタイトルからなっており、2017年に2万枚以上売上げた作品は77タイトルで、2016年の58タイトルから大きく数字を伸ばしている。最も売れたジャンルは例年同様ロックで、全体の67%を占めた(2016年は69%)。

 2017年にアメリカで最も売れたアナログ盤は、リリース50周年を迎え、スペシャル記念エディションが発売されたザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の72,000枚で、同じくザ・ビートルズの『アビイ・ロード』が66,000枚で2位となった。次点の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のサウンドトラック『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:オーサム・ミックス・VOL.1』は62,000枚を売上げた。

 ちなみに2016年のTOP3は、1位『ブラーリーフェイス』トゥエンティ・ワン・パイロッツ(68,000枚)、2位『★』デヴィッド・ボウイ(66,000枚)、3位『25』アデル(58,000枚)だった。

◎2017年にアメリカで最も売れたアナログ盤TOP10
1位『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』ザ・ビートルズ 72,000枚
2位『アビイ・ロード』ザ・ビートルズ 66,000枚
3位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:オーサム・ミックス・VOL.1』VA  62,000枚
4位『÷』エド・シーラン 62,000枚
5位『バック・トゥ・ブラック』エイミー・ワインハウス 66,000枚
6位『パープル・レイン』プリンス 58,000枚
7位『レジェンド』ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ 56,000枚
8位『狂気』ピンク・フロイド 54,000枚
9位『ラ・ラ・ランド』VA 49,000枚
10位『スリラー』マイケル・ジャクソン 49,000枚

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ビートルズ、ステレオ盤SHM-CD紙ジャケシリーズ16タイトルが“W復刻帯”仕様で再発売
ザ・ビートルズの「消えた恋」未発表デモがオークションに出品
ジョン・レノン愛用のロールス・ロイス・ファントムVが7月末に英国で展示、その歴史をプレイバック

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。