体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エド・シーラン、エリック・クラプトンの「いとしのレイラ」をカヴァー

エド・シーラン、エリック・クラプトンの「いとしのレイラ」をカヴァー

 エド・シーランが、大晦日恒例のTV特番『Jools Holland’s 25th Annual Hootenanny』に出演し、米ビルボード・ソング・チャート1位の「パーフェクト」とエリック・クラプトンによる1971年の名曲「いとしのレイラ」を披露した。

エド・シーラン パフォーマンス映像

 『Jools Holland’s Annual Hootenanny』には、これまでアデル、カイリー・ミノーグ、ジェシー・Jらが出演しており、エドは2014年にスティーヴィー・ワンダーの「マスター・ブラスター」を披露した他、2015年にも番組に登場している。今年は、シーランに加え、ジェシー・ウェア、ベス・ディットー、ソウルIIソウルらが番組を彩り、司会のジュールズ・ホランドと彼のリズム&ブルース・オーケストラが演奏に華を添えた。

 エドが演奏する演目は、放映日まで「クラシックなロック・ソングのカヴァー」としか発表されていなかったが、彼の長年のファンにとってこの選曲は納得だっただろう。というのも、エドはクラプトンのことを敬愛するアーティストの一人と公言しており、彼がギターを始めた大きな理由の一つだからだ。2人は、過去にお互いのアルバムに“Angelo Mysterioso”として参加した経験もある。

 
◎「いとしのレイラ」パフォーマンス映像
https://youtu.be/5zP4yWzb24M

◎「パーフェクト」パフォーマンス映像
https://youtu.be/RW-4Y80q-bo

関連記事リンク(外部サイト)

エド・シーラン/ジャスティン・ビーバー/ドレイク/ザ・チェインスモーカーズ他、2017年の全米チャート記録を数字でプレイバック
エド・シーランの『÷(ディバイド)』、全米セールス100万枚突破
エド・シーランxSpotify、コミカルなホリデーCMが公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。