体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宮崎の焼き鳥は串がない!驚きの宮崎グルメ9選

宮崎の焼き鳥は串がない!驚きの宮崎グルメ9選

宮崎県には鶏の御馳走が多々あります。全国でも有数の鶏の産地なのだから当たり前のようですが、もともと地頭鶏(じとっこ)という天然記念物に指定された地鶏がいます。

天然記念物を食べるわけにはいきませんから、食用として外来種との交配で「みやざき地頭鶏」や「日向鶏」などの美味しい地鶏が産み出されました。そんな鶏料理を中心に、伝統料理など美味しい宮崎をご紹介します。

*編集部追記
2015年8月公開の記事に、新たに3品を追加しました。(2018/1/5)

 

宮崎の食事事情

photo by pixta

南国情緒あふれる温暖な気候が特徴的な宮崎は、日向夏やマンゴーなど南国らしい果物が採れることで知られています。

また宮崎は、全国的に有名な”あの”チキン南蛮の発祥地でもあり、私も大好きなので、宮崎を訪れた日はまずはじめにチキン南蛮を食べに行ったほどです。

肉、魚、野菜と、どれをとっても良質で魅力的な食材が多い宮崎は、グルメな旅がしたい方にぴったりの場所だと言えるでしょう。

 

ベストフード

AKAMA SUGURU✂福岡南区高宮野間美容室パペル🐦さん(@sugurume396)がシェアした投稿 – 2017 2月 6 12:53午前 PST

おすすめのベストフードは、やはり宮崎グルメとして外せないチキン南蛮です。宮崎の人はチキン南蛮が大好きで、かなりのこだわりがあるそう。

県外では、例えば甘酢につけてない、ただの唐揚げにタルタルがのっているだけなど、宮崎人にはとてもチキン南蛮とはいえないものが販売されていることもあるそうですが、本場・宮崎では王道チキン南蛮が食べられます。

宮崎に行ったなら、ぜひチキン南蛮発祥のお店「おぐら」に行ってみてください。鶏の胸身にタルタルソースがたっぷりのった、ボリューム満点のおいしいチキン南蛮が食べられますよ♪

 

炭焼き地鶏

8463981506_28d125f0ff_b
photo by kobakou

53913452_97b061363d_o
photo by luckypines

宮崎で炭焼きの鶏というと串に刺したものではなく、一口大に切った地鶏に塩胡椒し、強火の炭火で盛大に炎を上げながら焼いたものです。

すすが付いて鶏肉は黒くなりますが、燻製のような香りが特徴の炭焼きは「農山漁村の郷土料理百選」に選ばれた逸品です。

《おすすめ情報》

新鮮な鳥刺し、鶏たたき、もも肉炭焼きとフルコースで宮崎地鶏が楽しめるお店です。
■詳細情報
・名称:丸万焼鳥 本店
・住所:宮崎県宮崎市橘通西3-6-7
・アクセス:JR宮崎駅から徒歩15分
・営業時間:17:00~23:00
・定休日:日曜日(月曜日が祝日の場合は営業)
・電話番号:0985-22-6068
・料金:¥2,000~¥2,999
・参考サイトURL:http://tabelog.com/miyazaki/A4501/A450101/45000079/

 

肉巻きおにぎり

ayaさん(@aya.k_aya.k)がシェアした投稿 – 3月 26, 2017 at 4:16午前 PDT

醤油味のタレに漬けこんだ豚肉をご飯に巻いて、オーブンで焼いたおにぎりです。食べる時はレタスに巻いて食べます。

宮崎市内の居酒屋の賄い料理が広まったもので、宮崎発祥のファーストフードです。

《おすすめ情報》

肉巻きおにぎりを賄い料理で出していた居酒屋「雑食堂」の店主が、常連客に出したところ評判が良いので、肉巻きおにぎり販売のために出したのが「元祖にくまき本舗」です。

夜だけのテイクアウトの店です。
■詳細情報
・名称:元祖にくまき本舗 宮崎本店
・住所:宮崎県宮崎市中央通1-6 トマトビル 1F
・アクセス:JR宮崎駅から徒歩15分
・営業時間:19:00~翌3:00
・定休日:日曜・祝日
・電話番号:0985-29-1156
・料金:~¥999
・参考サイトURL:http://tabelog.com/miyazaki/A4501/A450101/45000749/

関連記事リンク(外部サイト)

本場は違う!今人気の安くて美味しいベネルクス地方の食べ物たち
外国人が日本で「爆買い」する人気お菓子5選
【ソーセージだけじゃない】ドイツの新トレンド?ベジタリアン料理
とろーりチーズとツナの入った〇〇が忘れられない!旅行中に食べた世界の料理5選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。