体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ふつうのおふろ〜温泉が紡いだ入浴支援〜

日本人は世界有数のお風呂好き民族です。国土のあちこちから温泉が湧いていて、家庭用入浴剤の数も豊富、お風呂に入りながら見れるテレビも登場し、入浴はますます日本人の生活に根付いてきています。今回は日本のどこかにある小さな施設で起きた、認知症高齢者Tさんのお風呂を巡るお話をざっくりお送りします。

認知症で入浴から遠ざかったTさん

細かい説明は省きますが、今回のエピソードの主人公、Tさんの状況をごくごく簡単にご紹介いたします。
女性、75歳、在宅独居、要支援2、アルツハイマー型認知症。
本が大好き、独居になってからテレビもラジオもないクラシカルな生活。
1日に何度か庭に出て草木に水をやる。それ以外は外に出ない。
俗に言う短期記憶障害
生活行為の中から清掃・入浴が抜け落ちた状態。
息子さんが車で20分ほどの距離のところに住んでいた。
息子さんが仕事以外の時間は訪問し、食事等を準備していた。
民生委員、地域包括の職員が訪問しても門前払い。
息子さんが清掃、入浴を勧めても「まだいいよ」と一言話されるのみ。
色々あって、小規模多機能サービスの利用を開始。

関係を、つくる

認知症高齢者が一人暮らしをするにあたり、長くなればなるほどさまざまな「人」の介入が必要になってきます。ひとりで家に篭り、お風呂に入ることもなくなり、手製の杖(木の枝)を使って歩くTさんを心配した息子さんは、小規模多機能型居宅介護の利用を検討し始めます。しかし、当初は職員が訪問しても相手にされず…

そこで、1日のうち数回「こんにちわ」「いいお天気ですね」とだけ挨拶をするかかわりを繰り替えすことにしました。すると徐々に、Tさんから話しかけてくれる機会が増え、関係性が構築され、職員がTさん宅にお邪魔できるようになりました。

お風呂には入らない

今にも崩れそうなほど高く積み上がった本を整理し、一緒に外出できるまでになりましたが、入浴に対しては笑顔でかわされる日々。お風呂に入らないこともその人の自由ではあるのですが、もともとお風呂好きだったTさんがなぜそこまでお風呂に入らない生活を貫くのか、息子さんはじめ職員も皆不思議がっていました。

温泉サークル

ある日、職員がTさん宅に訪問していると、2人のご婦人がやってきました。聞くとおふたりはTさんの昔からの友人、ばったり会った息子さんから現状を聴き、自宅までやってきたというのです。職員も一緒にお茶を飲みながら話していると…


Aさん

そういえばしばらく皆で温泉行ってないわよね~


職員

えっ?前はよく行かれてたんですか?


Bさん

多い時で月に2回は行ってたの、もうほら、年も年だから死ぬ前に全国の温泉に皆で行こうって言って。


Aさん

そう、温泉サークル。私たちとTさんと、もう1人Cさん入れて4人でね。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。