体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あのOKAMOTO’Sとの共演が実現! B’zやスピッツなど大物ミュージシャンと同じロックフェスに結成2週間の学生バンドが出演を果たした『ROAD TO FM802 RADIO CRAZY supported by MARUCHAN QTTA』レポート[PR]

qtta9 qtta10

バックステージでは、リハーサル前のITADAKIMA’Sメンバーの姿が。みんな落ち着いた様子で、初めてプロのステージに上がる高校生の姿にはとても見えません。すごいな! 君たち。

qtta11 qtta12 qtta13

リハーサルを見学させていただきました。ギター・ベース・ドラムの3人で演奏するパートと、ホルン・トランペット・トロンボーン・アルトサックスのブラス隊が加わって演奏するパートがあるようです。一部、早めに入場したお客さんが見守る中、堂々とした演奏を披露します。

実はこの日、ボーカルとしてOKAMOTO’Sのオカモトショウさんが参加することが番組で告知されていて、OKAMOTO’Sファンにとっては近距離で歌が聴ける、注目度の高いステージになっていたのです。

qtta14

本番直前、オチケンさんが合流。全員で円陣を組んで「いただきます!」の掛け声で気合を入れます。

いよいよ本番!

qtta15

そしてついに迎えた本番。ギター・ベース・ドラムのバンドメンバー登場に続き、オチケンさんと鬼頭さんのMCでオカモトショウさんが呼びこまれると、会場からは大歓声! OKAMOTO’Sの楽曲『ラブソング』が1曲目に披露されます。

qtta16

続いてブラス隊の4人が加わり、課題曲の『セーのでエールを』に。実はOKAMOTO’Sもまだライブで披露したことがないというこの楽曲。全員が鳴らす迫力ある音で会場を沸かせ、見事に課題曲を演奏できました。ホントすごいな! 君たち。その後、サプライズでOKAMOTO’Sのメンバー、オカモトコウキさん、ハマ・オカモトさん、オカモトレイジさんも登場して、『青い天国』を4人で演奏。開始後も続々と観客が詰めかけ、大盛況のうちにITADAKIMA’Sのステージが終了しました。

前のページ 1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会