体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『カレンダー手帳』卓上カレンダー+システム手帳=見やすくて持ち歩きやすい!

 

スマートフォンの普及によりスケジュールをアプリで管理する時代にはなったものの、手帳やカレンダーに自分で書き込んで管理する人もいまだ多い。様々なライフスタイルに合わせた商品が多く存在し、選択肢が広がっている。ここ数年、人気を集めているのがカレンダー兼手帳の役割をする「カレンダー手帳」と呼ばれるもの。見やすさと持ち歩きやすさを兼ね備えた1冊である。

文具ソムリエールが監修した新発想のスケジュール管理ツール!

今回、ご紹介する商品はカール事務器『カレンダー手帳』(A5サイズ・196g・税抜1,950円・発売中)。卓上カレンダーと方眼ノートが合体したモバイル手帳。文具ソムリエール・菅 未里(かん・みさと)さんが監修をしている。

リバティ社製生地が華やかでオシャレ!男性向きの黒レザーも

 

表紙カバーにはリバティ社製の生地を使用。展開は計5種類。リバティ社製生地を用いた4種類(スザンナ、ストロベリーシーフ、アンジェリカ・ガーラ、ペッパー)と、男性にも持ちやすい黒レザー1種類がある。

画像は「スザンナ」

見た目にはオシャレなノートを持ち歩いている感じだ。

コンパクトなA5サイズは、デスクでは卓上カレンダー、外出時には手帳として持ち歩くことができる。持ち運びの際に表紙が開かないようにゴムバンド付き。

ややリングが邪魔になりそうな気がするが、フラットで薄手なので、カバンの中にもスッと入れておけるサイズ。


カレンダーとして卓上で使う時にはゴムバンドがストッパーの役割をするので、しっかりと安定して立てておくことが出来る。

閉じた時の厚みは約9㎜。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。