体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレーときどき村田倫子 #19 紅茶屋さん

ドアをくぐり、居間に入るとふわっと香るスパイスの香り。 それに混じり合う、あのなんとも言えない、実家に帰ってきたときの温かいじわっとした匂いが鼻腔をくすぐる。 思わず、「ただいま」と言ってしまいそうだ。 今回の『カレーときどき村田倫子』は、今年最後のカレー納めにして、連載史上初となる東京都外へ進出! 知る人ぞ知る、名店埼玉県は大宮の「紅茶屋さん」にやって来ました。

民家の間取りを活かした店内は、本当にはじめてと思えないほど心が穏やかに…。書道の掛け軸やスリランカの国旗、スパイスのポスターと和と異国の文化が絶妙に寄り添う空間が不思議と心地よい。 初っ端からエモい気持ちに浸りながら、席につくわたしです(笑)。

席につくと、店主の加地信江さん、いいやもうここは、“お母さん”と呼ばせていただこう! 次から次へと今日の主役たちを運んできてくれるお母さん。メインのチキンのカレーをセンターに、色とりどりの季節のお野菜、お惣菜…あっという間にテーブルが溢れんばかりにカラフルで愉快になりました。

ぜひ、真上から見てください! まるで、めでたいお祝いごとや特別なイベント事がある日の食卓(いや実家でもこんな光景なかなか見れないぞ?)という豪華な絵。 今の流行りでいうと、それはもうフォトジェニックな光景で、わたしのiPhoneのカメラのシャッター音がしばらく鳴り止みませんでした、、、。カレーを写真に収めてるときが1番テンションあがるんだよなあ。

写真撮影もそこそこに。 くつくつ音をたてるチキンカレーのご機嫌を損ねないうちに、テーブルに向き合います。まずは、目の前に置かれたお皿のおめかしから。この空間に自分でカレー達を盛りつけてゆくのです。

カレーのコーディネートに悩んでいると、お母さんが今日のメニューの紹介を交えつつ盛り方を教えてくれます。 チキン、お豆、青菜、お茄子、ココナッツ、ジャガイモ、蓮根、かぼちゃにカブ、ライスに君臨するピンクに上気したエビさん…! なんて豪華で華やかな一皿なのでしょう。 カレーは茶色!という概念を全く覆す美しさです。

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。