体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドローンの操縦性を高めるためにスマホゲームグリップを活用

ドローンのスマホ操縦にゲーム用のスマホグリップが適しているのではないかと予想し、汎用のスマホゲームグリップを購入してみました。この手の製品は数多存在するので、人それぞれ好みの物を選ぶのが良いかと思いますが、今回はドローン操縦にも使えそうな物を吟味した結果、「GameSir F1 ジョイスティックグリップ」という商品を選択しました。Amaozn では 1,899 円とそれほど高くはありません。「GameSir F1 ジョイスティックグリップ」はゲーム機のコントローラーのようにグリップ性に優れるデザインを採用しており、左グリップ部分には仮想ジョイスティック用の 2D スティックが付属しています(外せます)。ゲームアプリの左十字キーや仮想ジョイスティックをこのグリップに付いている物理スティックで操作できるということです。やはり、グリップがあるのと無いのとではゲームのし易さが大きく違いますね。おそらくこれは、昔から慣れ親しんでいるゲーム機付属のコントローラーを握っている感覚に近くなるからでしょう。また、側面スピーカーの口を手の平で塞ぐことも無くなるので、音を遮らずに済みます。ちなみに、本製品付属の 2D スティックですが、画面サイズ的には、5.5 インチスマホや 6 インチ 18:9 ディスプレイのスマホにピッタリという感じでした。これは KOF をプレイしていて思ったことです。他のアプリだったら位置が違うこともあるので一概にそうとは言えません。ゲームプレイでの使用感の次はドローンの操縦です。基本的に、グリップの有る無しでドローン操縦性が大きく変わることはありませんでしたが、スマホ単体だと画面上の仮想スティックのみで操縦することになるので、グリップ部分が手のホームポジションとなり、仮想スティックまでどれくらい指を伸ばせば良いのかを直感的に分かるようになるほか、その距離がほぼ一定となります。そのためタッチミスが減り、結果的に操縦性が向上すると言うことになります。あくまでもこれは些細な違いですので、無くても特に問題はないでしょう。今回の「GameSir F1 ジョイスティックグリップ」はスタンドも付いているので、スマホスタンドとしても使えます。思ったよりもスマホライフが楽になるので買って良かったと思う商品でした。

■関連記事
スマホ外付け360カメラ「Insta360」のアプリに公式コミュニティ機能が追加
LineageOSの一年を振り返る
NTTドコモ、SIMフリー機にネットワーク設定の完了を通知

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。