体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今日もいい日やった。「大阪の夜」から、そんな世界を作っていきたい

今日もいい日やった。「大阪の夜」から、そんな世界を作っていきたい

昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています。

そんな日常風景を未来に残していくことが、フォトグラファーとして生きるボクの使命だと思っているんです。歴史の教科書には、当時の様子を描いた絵や写真が載っていますよね。あと100年も経てば、きっと2017年の日本も教科書で紹介されるはずです。そのときにボクが撮った写真が何らかのカタチで貢献できたらいいなと思い、日々街の風景を撮っています。

今日は、Instagramでも公開している、ボクが大好きな「大阪の夜」を紹介します。今日もいい日やった。「大阪の夜」から、そんな世界を作っていきたい 昼間は普通のお店に電灯が灯っただけなのに、周りの雰囲気が一変。今日もいい日やった。「大阪の夜」から、そんな世界を作っていきたい 大阪にはいろんな国の人がいるので、飲み屋街を訪れると海外に行ったような気持ちになれます。今日もいい日やった。「大阪の夜」から、そんな世界を作っていきたい 仕事を終えたサラリーマンの後ろ姿って、なんだか日本らしさを感じるから好きなんです。 今日もいい日やった。「大阪の夜」から、そんな世界を作っていきたい

大阪と言えば、通天閣。15分に1回通天閣の色が七色に変化するイルミネーションが見られますよ。今日もいい日やった。「大阪の夜」から、そんな世界を作っていきたい

「もう一杯だけ飲んでこや」

今日もいい日やった。「大阪の夜」から、そんな世界を作っていきたい

「あとちょっとで交代や」

見かけた人の、ふとした仕草に台詞を付けてみたり。今日もいい日やった。「大阪の夜」から、そんな世界を作っていきたい 大阪の人はあたたかい、なんてよく聞くけど、夜の街を歩けばその意味がよくわかると思います。今日もいい日やった。「大阪の夜」から、そんな世界を作っていきたい
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。