体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪のご当地アイドル・JK21Rの森松侑杏のお部屋へお邪魔してきた

関西を拠点に活動するJK21Rのメンバー、森松侑杏。女優になることを夢見て、高校卒業と同時に上京した彼女の運命を変えたのは、事務所社長との食事会で何の気なしに言った「私、歌が好きです」の一言だった関西を拠点に活動するJK21Rのメンバーのひとり、森松侑杏さん

関西を拠点に活動するJK21Rのメンバーのひとり、森松侑杏さん大阪の1Rに住む、福岡出身の女優志望アイドルプロフィール

森松侑杏(もりまつ ゆあん)
出身地:福岡県久留米市
生年月日:1998年1月14日
趣味:ゲーム、カード収集
特技:口笛、徳川15代将軍を全て言える
一人暮らし歴:1年

所属:JK21R(ジェイケイ トゥワン アール)JK21R

JK21R

結成:2008年
メンバー数:5人(準メンバー含む)
平均年齢:19.4歳
「関西発!“おもろカワイイ”新時代のアイドルユニット」を目指す。ユニット名は「JAPAN KANSAI 21世紀」の略。毎週火曜日、木曜日、週末には活動拠点である「スタジオアクト」にてライブイベント「アトリエクラブ」を行うほか、関西各地でのイベント出演や、東京でのマンスリーライブなども実施している。JK21R 森松侑杏のお部屋JK21R 森松侑杏の部屋の間取図

JK21R 森松侑杏の部屋の間取図

所在地:大阪府大阪市
家賃:44,000円
間取り:1R(11㎡)
築年数:23年かわいく、おもしろくが大阪流のアイドル道大阪に移り住んで半年、道頓堀はまだ開拓できていないという森松さん

大阪に移り住んで半年、道頓堀はまだ開拓できていないという森松さん撮影のため手にしたたこ焼きをうれしそうにほおばる森松さん 撮影のため手にしたたこ焼きをうれしそうにほおばる森松さん「通天閣は見上げても首が痛くならなくて、ちょうど良い高さ!」と笑う森松さん

「通天閣は見上げても首が痛くならなくて、ちょうど良い高さ!」と笑う森松さん

大阪で芸能事といえば“お笑い”。それはテレビの世界だけでなく、日常に溶け込む大阪の文化である。そんな地域性を反映し、“おもろカワイイ”を標榜するアイドルグループ「JK21R」の森松侑杏さんが、今回のヒロインだ。
場所は道頓堀。撮影のため、衣装に身を包んだ森松さんが現れる。当日は真夏日だったが、暑さを感じさせないほどハキハキ。元気を分けてもらいながら、まずはアイドルになったきっかけを尋ねた。

「そもそも私、女優志望なんです」

え、そうなの!?
「小学5年生のころ、『のだめカンタービレ』を見て、水川あさみさんにあこがれたのがきっかけです。高校を卒業した去年、役者になるために上京し、現在の事務所に入りました。福岡の実家を離れ、11月まで東京でお芝居の勉強をしていたんですが、ある日事務所の食事会で『歌が好き』と言ったら、しばらくして『大阪でアイドルをやってみない?』となって……」

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。