体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪のご当地アイドル・JK21Rの森松侑杏のお部屋へお邪魔してきた

関西を拠点に活動するJK21Rのメンバー、森松侑杏。女優になることを夢見て、高校卒業と同時に上京した彼女の運命を変えたのは、事務所社長との食事会で何の気なしに言った「私、歌が好きです」の一言だった関西を拠点に活動するJK21Rのメンバーのひとり、森松侑杏さん

関西を拠点に活動するJK21Rのメンバーのひとり、森松侑杏さん大阪の1Rに住む、福岡出身の女優志望アイドルプロフィール

森松侑杏(もりまつ ゆあん)
出身地:福岡県久留米市
生年月日:1998年1月14日
趣味:ゲーム、カード収集
特技:口笛、徳川15代将軍を全て言える
一人暮らし歴:1年

所属:JK21R(ジェイケイ トゥワン アール)JK21R

JK21R

結成:2008年
メンバー数:5人(準メンバー含む)
平均年齢:19.4歳
「関西発!“おもろカワイイ”新時代のアイドルユニット」を目指す。ユニット名は「JAPAN KANSAI 21世紀」の略。毎週火曜日、木曜日、週末には活動拠点である「スタジオアクト」にてライブイベント「アトリエクラブ」を行うほか、関西各地でのイベント出演や、東京でのマンスリーライブなども実施している。JK21R 森松侑杏のお部屋JK21R 森松侑杏の部屋の間取図

JK21R 森松侑杏の部屋の間取図

所在地:大阪府大阪市
家賃:44,000円
間取り:1R(11㎡)
築年数:23年かわいく、おもしろくが大阪流のアイドル道大阪に移り住んで半年、道頓堀はまだ開拓できていないという森松さん

大阪に移り住んで半年、道頓堀はまだ開拓できていないという森松さん撮影のため手にしたたこ焼きをうれしそうにほおばる森松さん 撮影のため手にしたたこ焼きをうれしそうにほおばる森松さん「通天閣は見上げても首が痛くならなくて、ちょうど良い高さ!」と笑う森松さん

「通天閣は見上げても首が痛くならなくて、ちょうど良い高さ!」と笑う森松さん

大阪で芸能事といえば“お笑い”。それはテレビの世界だけでなく、日常に溶け込む大阪の文化である。そんな地域性を反映し、“おもろカワイイ”を標榜するアイドルグループ「JK21R」の森松侑杏さんが、今回のヒロインだ。
場所は道頓堀。撮影のため、衣装に身を包んだ森松さんが現れる。当日は真夏日だったが、暑さを感じさせないほどハキハキ。元気を分けてもらいながら、まずはアイドルになったきっかけを尋ねた。

「そもそも私、女優志望なんです」

え、そうなの!?
「小学5年生のころ、『のだめカンタービレ』を見て、水川あさみさんにあこがれたのがきっかけです。高校を卒業した去年、役者になるために上京し、現在の事務所に入りました。福岡の実家を離れ、11月まで東京でお芝居の勉強をしていたんですが、ある日事務所の食事会で『歌が好き』と言ったら、しばらくして『大阪でアイドルをやってみない?』となって……」

予想外のオファー。しかも、拠点も大阪に移さなければならない。当然、面食らったのかと思いきや、森松さんは前向きだった。
「アイドルの経験は、お芝居にもプラスになると思ったんです。だから役者に戻ることを前提に、アイドルになろうと決意しました」

夢へ一歩でも近づくなら、どこへ行くのもいとわない森松さん。かくしてJK21Rに加入し、レッスンをしながら週4日以上の公演をこなしている。やっぱり、いきなりアイドルになるって大変?
「歌は良いのですが、ダンスがすごく苦手で。私、動きにリズム感がないんです。そもそも振付を覚えるのも、中学時代にソーラン節を踊って以来。本当に大変です」

また、大阪らしいこんな苦労も。
「アイドルといえば歌と踊りだと思っていたら、ライブでのトークも重要。メンバーは皆すごくおもしろいので、私も頑張ってボケるのですが、どうやら私、間が悪いみたいで。笑いに厳しい周りの方々に『ボケが伝わりづらい』とダメ出しされたりもします(笑)」

それはけっこう致命的なような(汗)。しかし、先輩メンバーとの日々の会話で、大阪のノリや笑いを学んでいるとのこと。もちろん、先輩にはダンスもレッスン場で個別に教えてもらっているという。厳しく(?)も優しい先輩とアイドル生活を送る森松さん。ぶっちゃけアイドルになって良かった?
「もちろん! ライブ後の爽快感は何物にも代えられないし、ファンの笑顔を見るとそれまでの全てが報われる。応援してくれる方々のために、もっと頑張ります!」目標に向かい今できることを大切に発声練習中の森松さん。音漏れに対し神経質にならずに済むのは、隣戸に面していない角部屋ゆえの特権

発声練習中の森松さん。音漏れに対し神経質にならずに済むのは、隣戸に面していない角部屋ゆえの特権先輩のライブ映像を見て振付の研究をする森松さん 先輩のライブ映像を見て振付の研究をする森松さん一人暮らし暦は浅いが料理は得意な森松さん。まだ買いそろえられていない食器はボウルなどで代用 一人暮らし暦は浅いが料理は得意な森松さん。まだ買いそろえられていない食器はボウルなどで代用引っ越してまだ半年の森松さんだが、心はすでに関西人? 引っ越してまだ半年の森松さんだが、心はすでに関西人?電気をこまめに消すなど、この1年で生活の知恵もしっかり身に付けている森松さん

電気をこまめに消すなど、この1年で生活の知恵もしっかり身に付けている森松さん

外での撮影を終え、舞台は森松さんの自宅へ。大阪市内にある1Rの部屋はこざっぱりとしている。
「あまり物を置かないようにしています。その方が片付けやすいし、室内でダンスの練習もするので」

この部屋を選んだ理由もそこにある。実は前後左右に隣戸が面していない特殊な角部屋で、音漏れをそれほど気にしなくていいのだ。
「それでも当然近隣に配慮しますが、振付を覚えるのには十分です」

そんな部屋の選び方もあるのかと感心。歌の練習にも良さそうだ。
「歌の練習もしますが、自分の好きな曲を歌うことの方が多いです。特にアニメソングとか」

なるほど。アニメが好きなの?
「大好きです! アイドルに興味を持ったのも、アニメ『アイカツ!』『アイドルマスター』に影響を受けたから。特にアイドルマスターの劇場版は、つらい時によく見ます。元気が出るし、星井美希ちゃんの最後のシーンが最高で!!」

かなりの熱弁。ファンっぷりが伝わってきた。ここで閑話休題。他に家では何をして過ごす?
「映画やドラマを観ることが多いですね。『お芝居っていいなぁ〜』って、役者魂に火を点けています」超多忙な毎日でも夢に向かって全力投球

茶目っ気たっぷりな森松さんだが、その日常は大変だ。平日は朝から晩まで事務所公認の某アルバイト。そのうち2日は、就業後に定期ライブに出演。土日は一日中アイドル活動に専念する。経済的にも決して恵まれた状況ではない。しかし、そんなことはまるで表に出さない。女優の夢に向かい、常に全力投球で取り組む森松さん。あこがれの芸能生活を送っていることが何よりうれしく、毎日が充実しているという。

最後に将来の夢について聞いた。大女優や国民的アイドルだろうと思いきや「幸せな家庭を築きたいです。私が3兄妹なので、3人は子どもがほしい。全然見通しはありませんが(笑)」と超予想外の答え! いや、女の子らしい夢だけど。

「東京で住んでいた錦糸町が気に入っているので、もう一度住みたいですね。住まいは、地元の福岡に戻る可能性も考慮して、やっぱり賃貸かな!」

CHINTAIらしいオチまでつけてくれた森松さん。すっかり、大阪のアイドルが板についていた。

大阪府の賃貸物件はこちら!
駅から探す大阪府の賃貸物件はこちら!

文=綱島 剛
写真=阿部昌也

※「CHINTAI2017年7月号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています
※雑誌「CHINTAI」2017年12月22日発売号の特集は「引っ越しでトクする本」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

関連記事リンク(外部サイト)


JK21R 森松侑杏のTwitter


JK21R(ジェイケイ トゥワン アール)公式サイト

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。