ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

年始に読みたいメンタリストDaiGoからのポジティブメッセージ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
年始に読みたいメンタリストDaiGoからのポジティブメッセージ

年始のテレビ番組では、タレントとの心理戦でお茶の間を賑わせたメンタリストDaiGo氏。

そんなDaiGo氏がTwitterでつぶやいてきた数千のツイートの中から、ポジティブになれる415個の言葉を厳選し、辞書形式で紹介するのが『メンタリストDaiGoのポジティブ辞典』(セブン&アイ出版刊)だ。

2018年が始まったばかり、ポジティブな気持ちでいたい人も多いはず。では、DaiGo氏はどんな言葉を私たちに伝えているのだろうか?

「やらずにわかることよりも、やってみてわかることのほうが圧倒的に多い」

やる前から失敗するのではないかと考えて、行動出来なくなってしまう人は多いだろう。しかし、実際に多くを得られるのはやってみた経験からだ。「知ること」を目的にして試しにやるクセをつければ、恐れずにいろいろなことにチャレンジできるようになるはずだ。

「同じやり方にこだわると、問題は解決されず堂々巡りになってしまう」

同じやり方を続けてその度に失敗してはいないだろうか。もし、何度も同じ問題にぶつかっているなら、自分のこだわりを捨てる勇気が必要だ。

「他人の評価に臆病にならず、やりたいことに忠実に生きよう」

自分の人生は自分のもの。その価値を決めるのも、それを楽しむのも自分自身であるはずだ。自信をもって自分を評価できる生き方をするべきだとDaiGo氏はエールをおくる。

「真面目にやっているのに成功しないのは、創意工夫がないから」

真面目な人ほどルールにとらわれたり、周囲からの期待に応えようとして、達成する前に疲れてしまう。大切なことは、真面目に工夫をすることだ。工夫ができなければ、成功はないのである。

DaiGo氏の言葉から、心に留まるもの、突き動かされるものがあるはずだ。心機一転頑張りたいとき、落ち込んだとき、元気がほしいとき、近くに置いておきたい一冊である。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

2018年、ダメダメな現実を変える3つのステップ

2018年に向けて覚えておきたい、自分の才能を見つける方法

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。