ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

元イタリアンシェフが作るヨーロピアン風ラーメン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1月3日放送の「2018TOKYO激戦区ラーメン食べまくりバトル」(テレビ東京系、午後14時30分~)では、タレントたちが2チームに分かれて東京のラーメン4大激戦区で激ウマ店を探し出し、ラーメン専門の口コミサイトのポイント数で競い合うバトルの中で、「Ramen・ドゥエ・Edo・Japan(ラーメンドゥエエドジャパン)」(東京都千代田区)が紹介された。

こちらは日比谷公園近くのオフィスビルの地下にあるラーメン店。30年ほどイタリアンの料理人をしていた店主がラーメンに魅せられ、2009年に東京・市ヶ谷にラーメン専門店をオープン。大人気店となった事から2017年6月に2号店となる同店をオープンさせたのだそう。

番組では、人気ナンバー1の「らぁ麺生ハムフロマージュ」(1,180円)を紹介。生ハムとチーズがたっぷりとトッピングされたヨーロピアンな一杯。特にスープにはこだわっており、数種類の国産鶏ガラ、羅臼昆布、鰹節などを使用し、沸騰しないよう弱火で5時間煮込んで旨味を抽出している。更に厳選した数種類の塩をブレンドした特製タレと名古屋コーチンから摂った鶏油を加えれば、贅沢な黄金色のスープに仕上がる。東貴博さんはスープを一口頂くと、「メチャクチャうまいっすね!キレイなスープ!チーズが溶け出すと、クリーミーな味わいにもなるしコクが増しますね!」と絶賛。

続いて、お店オススメの「葡萄牛のハヤシそば」(1,180円)を紹介。元イタリアンシェフならではの本格的なデミグラスソースを使用したヨーロピアンなラーメンで、福地桃子さんと堀田茜さんは一口食べ、「ハヤシライスのソースですよ!」「コクがあるハヤシライス!」「おいしい!」「ラーメンですね、ちゃんとラーメン!すごいです!」と驚きの表情を浮かべた。

また、ラーメンに合うシャンパンとワインも用意されている。3人は「モエ・エ・シャンドン・ハーフボトル」(3,200円)を頂き、「おいしい!」「合う!」とコメントしていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:Ramen ドゥエ Edo Japan(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:有楽町・日比谷のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:有楽町・日比谷×ラーメン・つけ麺のお店一覧
お店オススメの醤油ラーメン「実谷ラーメン」
味噌ダレが自慢の「みそかつ定食」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。