体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラシック史上、最高の愛犬家と知られるのは?

クラシック史上、最高の愛犬家と知られるのは?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING CLASSIC」。今週は、2018年の干支「犬」にまつわるクラシックを日本クラシックソムリエ協会代表理事で、愛犬家でもある田中泰さんがセレクト!

1月4日(木)のオンエアでは、 ワーグナーの「ジークフリート牧歌」を紹介しました。ワーグナーは、クラシック史上、最高の愛犬家として知られているそうです。

「バイロイトにある彼のお墓のすぐ隣には、愛犬の小さなお墓が寄り添っていて素敵です。『犬たちがいなかったら、ワーグナーはワーグナーたりえなかった』という言葉まで聞かれるので、相当なものです」(田中さん)

放送では「ジークフリート牧歌」をシカゴ交響楽団の演奏でお届けしました。

ちなみに、今週のオンエアは以下の通りです。

1日(月)は、ショパンのワルツ第6番変ニ長調「子犬のワルツ」を、スタニスラフ・ブーニンのピアノでお届けしました。

2日(火)は、サティの「犬のためのぶよぶよした前奏曲」から「犬の歌」「徒党を組んで」を、ジャン=イヴ・ティヴォーデのピアノでお届けしました。

3日(水)は、シューベルトの歌曲「岩の上の羊飼い」を、バーバラ・ボニーの歌とジェフリー・パーソンズのピアノ、シャロン・カムのクラリネットでお届けしました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。