体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KOHEI JAPAN、静岡県三島市のPR動画楽曲をプロデュース

ヒップホップグループ・Mellow Yellowでの活動や、ラッパー、作詞家として知られるKOHEI JAPANが、静岡県三島市のPR動画「水とともに生きる篇」の楽曲をプロデュースしたことがわかった。
三島市PR動画 キャプチャ (okmusic UP's)

このPR動画は渋谷駅のスクランブル交差点に設置されている“Q’S EYE”にて2018年1月1日より放映が開始されており、様々な音楽カルチャーを生み出した“渋谷”での放映ということで小学生男子がラップで三島市の魅力を紹介しているのが特徴的。ラップを披露している場所も、パワースポットとして人気の“三嶋大社”や日本一長い吊り橋として有名な“スカイウォーク”、日本百名城にも選定されている“山中城跡”など三島市の観光スポットになっている。

KOHEI JAPANが担当した楽曲は一度聴いたらついつい口ずさんでしまう印象的な仕上がりになっており、出演している子役の川村瑠泉(カワムラルイ)はKOHEI JAPANの指導の下で実際にラップを歌っているとのこと。スクランブル交差点を通りがかった際にはぜひ見てみてほしい。

また、三島市のホームページほかWEB上では2月から放映予定の「見応えのあるまち篇」を繋げた60秒バージョンも先行して公開されている。

       

■三島市HP

https://www.city.mishima.shizuoka.jp/
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。