体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲームをしながら、その土地の歴史を学ぶ「新たな観光のあり方」

ゲームをしながら、その土地の歴史を学ぶ「新たな観光のあり方」

旅行をするときには、がっつり観光というよりも、自分の行きたいところに行くというスタイルが増えました。そんなときに役立つのは、ガイドブックよりもインターネット。

だけど、海外では「無料Wi-Fiしか使わない!」っていう人もいるのではないでしょうか。となると、ふらっと行った場所の情報を知ることは、カンタンではありません。

こんな悩みを解消してくれるアプリが開発されました。しかも、知識が定着するように、いろいろな工夫がされているんです。

インタラクティブ形式で
楽しみながら知識を得る

ゲームをしながら、その土地の歴史を学ぶ「新たな観光のあり方」

「どこに行くのか?」を決めるときに、インターネットが主に使われているとはいえ、どこでも情報を知ることができるガイドブックは頼りになります。これから紹介する観光アプリ「Nexto」は、オフラインでも使えるという意味では、同じくらい当てになることでしょう。

でも、それ以上のポイントは、情報を提供してくれる方法がインタラクティブ形式で、使うときが楽しくなりそうというところ。ゲームをしながら、その土地の歴史を学ぶ「新たな観光のあり方」

例えば、上記の画像では、ロミオとジュリエットが話しているところをメッセージのような形で、見れるようになっているとのこと。

読み込んだ知識を確かめるために、テストをするという機能も。ゲームをしながら、その土地の歴史を学ぶ「新たな観光のあり方」

他にも、ARを使って美術品を鑑賞したり、オーディオブックで聴いたりして、知識を得ることもできるんだとか。

現在はスロベニアでのみ有効。だけど、多くの人が観光情報を編集できる機能もあるので、使える場所がどんどん増えていくそうです。

となれば、ふらっと訪れたところでも、オフラインで調べられることになるかもしれません。「Googleマップ」と「Nexto」さえあれば、海外旅行ができちゃうかも。Licensed material used with permission by Nexto

関連記事リンク(外部サイト)

海外旅行でも大活躍!Wi-Fiナシで「地図」が見れるアプリ
旅行の荷物は、近くのカフェに預けよう。手ぶら観光のためのサービス「ecbo cloak」
「観光客」と「旅人」の違いを描いた14枚のイラスト

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。