体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京都内の学生街グルメ。最高のお店は最高に大盛りで最高すぎた

東京都内の学生街グルメ。最高のお店は最高に大盛りで最高すぎた

学生街というものがある。大学がある街のことで、特に大きい大学がある街では、学生が満足するようなお店が軒を連ねている。具体的に言うと、安くて大盛りの飲食店があるのだ。

もちろん学生にとって、そのようなお店はうれしいけれど、学生でなくても「安くて」「大盛り」はうれしい。今回はそんな街を歩き、安くて大盛りのグルメを堪能したいと思う。

早稲田の白富士

東京にはいくつもの学生街が存在する。社会人になった今となっては、この大学に通い、ここに住みたかったな、と思ったりもする。ただし、大学には通えないとしても、その街を堪能することはできる。
早稲田大学

早稲田にやってきました!

まずは早稲田大学である。通いたかった。これを書いている私も早稲田大学に通い、武蔵野のはずれにある英語教育で有名な大学の女学生と付き合いたかったのだ。完全に村上春樹の『ノルウェイの森』の影響だけれど。
学習院女子大学

ちなみにこのあたりには、学習院女子大学などもあります

私は早稲田大学には通えなかったので、いま早稲田を歩き満喫する。ここを歩く大学生っぽい若者は、おそらく難関である早稲田の学生だろう。どこか懐かしく感じる寮などもあり、今風の若者と時間の止まった建物を併せ持つ街になっている。

早稲田 街並み そんな場所にある キッチンオトボケ 外観

「キッチンオトボケ」です!

そんな早稲田にあるのが、早稲田駅から徒歩すぐの「キッチンオトボケ」だ。『ノルウェイの森』に出てくるお店ではないけれど、もし私が『胃袋の森』という小説を書いたら間違いなく出てくる。それくらいすごい盛りのお店なのだ。

キッチンオトボケ メニュー いろいろなメニューがありますが、 キッチンオトボケ 券売機 券売機で、 キッチンオトボケ ジャンジャン焼定食大盛

ジャンジャン焼定食大盛(650円)を頼みました!

上記の画像に、富士山のようなものが見えないだろうか。真っ白な富士山のようなものが。それは残念ながら富士山ではありません。白ご飯です。ジャンジャン焼定食大盛の白ご飯でございます。醤油ベースのタレで豚肉を炒めたもので、「醤」がジャンと読めるので、並べてジャンジャン焼と名付けたそう。
キッチンオトボケ ジャンジャン焼定食大盛

1 2 3 4 5次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。