体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バラマキ土産にも!海外の変わり種オレオ3選【ヨーロッパのおすすめお土産】

世界100カ国以上で愛されている、みなさんもきっとご存知のオレオ! ほろ苦いココア味のビスケットにバニラクリームを挟んだオリジナルのほか、海外にはローカライズされたさまざまなオレオが存在します。

バラマキ土産にも! 海外の変わり種オレオ3選
そんな海外の変わり種オレオは、お土産にもぴったり。今回はヨーロッパで見つけたオレオをご紹介します。

バラマキ土産にも! 海外の変わり種オレオ3選

オレオ・ストロベリーチーズケーキ

バラマキ土産にも! 海外の変わり種オレオ3選
ヨーロッパのオレオには、クリームの部分がピーナッツバター味やミント味になっているリミテッド・エディションがあります。今回ピックアップするのは、クリームが淡いピンク色をしたストロベリーチーズケーキ味! 封を開けると、アイスのストロベリーチーズケーキフレーバーを思わせる香りがふんわり広がります。味はちょっぴり人工的ですが、オレオファンにはきっと喜ばれるはず。1.4ユーロ程度(約185円)。

オレオ・ホワイトチョコ

バラマキ土産にも! 海外の変わり種オレオ3選
筆者のイチオシは、通常のオレオをホワイトチョコでコーティングしたこちら。ホワイトチョコのまろやかな甘さ、ココアクッキーのほろ苦さ、あっさりしたバニラクリームがお口の中で奏でる、素晴らしきハーモニーを楽しめます。紅茶やコーヒーと一緒にゆっくり味わいたい、スイーツのように贅沢なおいしさです。ホワイトチョコの代わりに、ミルクチョコでコーティングしたものもあり。個包装6パック、12枚入り、3ユーロ程度(約400円)。

オレオ・クリスピー&シンズ

バラマキ土産にも! 海外の変わり種オレオ3選
日本国内でも発売中の薄型オレオ・クリスピーシリーズ、ヨーロッパではクリスピー&シンズとして販売されており、フレーバーはオリジナルのバニラ味またはチョコレートクリーム味の2種類。バニラ味は通常のオレオの半分の厚さで、味はオリジナルと変わりません。パリパリッとした食感を楽しみたい人におすすめ。個包装4パック、32枚入り、1.9ユーロ程度(約250円)。

アジアでは、クリスピーシリーズに「抹茶ラテ」味(※中華圏では抹茶味と抹茶アイス味)が登場しています。抹茶味のお菓子は海外でも大人気ですが、欧米で抹茶フレーバーのオレオは見たことがありません。ということで、海外の人へのお土産にしたら喜ばれるのではないでしょうか?

このほか、ヨーロッパにはバニラクリームの部分が2倍の量になった「ダブル・オレオ」なども。オレオの本場アメリカには、薄型のオレオ・シンズシリーズには、レモン味、ココナッツ味、塩キャラメル味などもあるようです。塩キャラメルのオレオ、食べてみたい!!

オレオは日本国内と同じく、海外でもスーパーで気軽に入手可能です。

[oreo.eu]
[All Photos by sweetsholic]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。