体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「誤爆」も取り消し可能に! ビジネスでもきっと役立つ『LINE』活用術7選

コミュニケーションアプリ『LINE』は、日常生活に溶け込んで役立つSNSになりました。友人とのメッセージのやりとりだけでなく、通話やニュース、また、ビジネスで利用することも増えてきました。そこで今回は、LINEのちょっとした裏技や、使いやすくカスタマイズする方法をドドドッと紹介します。

1)彼女へのLINEを上司に送っちゃった! “誤爆”を24時間以内に取り消せる機能を実装

たとえば「今終わったお(^ω^) ダッシュでおうち帰るにゃー♡」などと彼女にLINEを送信。ところが送ってしまったのは部長だった……。なんて世にも恐ろしい“誤爆”問題。恥ずかしいですよね。ほかにも誤字脱字、作成途中のメッセージの送信など、LINEのメッセージ内容を誤って送信してしまったことのあるユーザーは利用者のなんと83%にものぼるそう。


誤送信についての調査結果(LINE株式会社)

こうした誤爆を防ぐために、LINEは「送信取消」機能を実装。送信取消機能とは、24時間以内に送ったメッセージを対象に、自分のトーク画面だけでなく相手のトーク画面からも削除できるというもの。メッセージと同様にスタンプや画像、動画やURLも取り消しが可能です。

操作方法は以下。

①取り消したいメッセージを長押し→[送信取消]をタップ

②取消完了

ただし、取り消しを行っても相手のトーク画面には「〇〇(自分の名前)がメッセージの送信を取り消しました」と表示されてしまうので、「なにかを誤爆した」ことは伝わってしまいます。また、相手が「メッセージ通知の内容表示」をオンに設定していた場合、取り消しを行うまではポップアップ通知から内容が見えてしまうので、いずれにせよ注意は必要ですね。

2)大量のスタンプを使いやすく整理しよう

次々と新しいスタンプをダウンロードして、いつの間にかスタンプが大量に。多すぎて使いこなせてないという人は、よく使うスタンプを手前に持ってきたり、思い切って断捨離するなど、一度整理してみましょう。

①[その他(…)]→[設定(歯車のマーク)]をタップ

②[スタンプ]→[マイスタンプ編集]をタップ

③スタンプの整理を行う
・スタンプの左に表示されている[-]をタップすると削除ができる
・スタンプの右に表示されている三本線のマークを長押しするとドラッグができ、よく使う順に並べ替えることができる

この作業によって、使いたいスタンプを探す手間が省けたり、有効期限の過ぎたスタンプを都度削除しなくて済みます。ちなみに、誤ってスタンプを削除しても有効期限内であれば[設定]の[マイスタンプ]から再ダウンロードができるので安心。

3)ブロックされているか確認する方法

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。