体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

物価が安いだけじゃない!コスパのいい旅先ランキング【2018年 決定版】

生活・趣味

物価が高い日本から見たら他の国はほとんど安い!

【決定版】2018年コスパのいい旅先ベスト10!イギリスもランクインしてます。
英国発、世界のトップビジネス誌「The Economist」が、世界の大都市物価ランキング2017年版を発表しました。東京は第4位で3ランクアップ、そして大阪が5位で4ランクアップです。

アジアの物価が上がっている
1位のシンガポール、2位の香港、5位のソウルは前年と変わらず。そういえば3か所とも、日本からの観光客が多い都市。シンガポールはニューヨークを100とするとなんと120です。それに、そのほかのアジアの都市も上方傾向です。

欧米が軒並みダウン
そのほかのベスト10にランクインしている、スイスのチューリッヒ(3位)とジュネーブ(7位)、パリ(同率7位)、ニューヨーク(9位)、コペンハーゲン(10位)は、すべて昨年からランキングを下げています。なんとロンドンは18ランクダウンの24位。欧米は物価が高いという常識も変化しています。

ということは、日本から見たら、ほとんどの国の物価が安いということ!
日本から見たら、ほとんどの国の物価が比較的安いということになります。これじゃ、物価が安い国から選ぼうと思ったらたくさんすぎて難しいですよね。

だったら、コスパのいい旅先でえらんでみるのも賢い方法かも。
世界のバックパッカーが愛する旅行メディア「Lonely Planet」が、2018年コスパのいい旅行先ベスト10を発表。日本よりは物価が安い国の中でも、特にコスパがいい旅先ということになります。まだ観光地として込み合っていない場所も多いので、そういった意味でも価値がありそう。

こちらをその魅力と共にカウントダウン!

第10位 湖南省(中国)|一泊1000円ちょっとから

【決定版】2018年コスパのいい旅先ベスト10!イギリスもランクインしてます。
湖南省の中心である長沙までは成田からなら直行便で5時間ほど。ランキングした中で唯一のアジアの旅行先です。風光明媚な奇岩の立ち並ぶ張家界国家森林公園は圧巻。そして、湖南料理は、中華料理のなかでも特に激辛で、2000円もあればおなかいっぱいです。宿泊は1000円ちょっとから、世界クラスの豪華ホテルまでいろいろ。

第9位 ジャクソンヴィル(アメリカ)|ビール1杯400円

【決定版】2018年コスパのいい旅先ベスト10!イギリスもランクインしてます。
ジャクソンビルはフロリダの中でもちょっとマイナー。地元っ子にはJAXと呼ばれています。35キロも続く海岸、サーフィン、アートにライブミュージックと、じつはアトラクションもたくさん。ビーチのバーベキューを楽しめるレストランは家族経営のものも多くかなりリーズナブル。8か所ある地ビールの醸造所の地ビールは、なんと1パイント(560㏄)が400円ほどで飲めます。

第8位 バハ カリフォルニア(メキシコ)|旨いワインが安い

【決定版】2018年コスパのいい旅先ベスト10!イギリスもランクインしてます。
バハ カリフォルニア州は、アメリカと国境を接するメキシコ最北の州。カリフォルニアのナパのワイナリーと変わらないレベルのワインが、かなりお安い価格で楽しめます。なにより魅力的なのは、これぞメキシコといった田舎町。トドス・サントス、ロレト、サン・イグナシオ、ムレヘ、ラパスなどの街では、格安ながら伝統的な建物に宿泊できる施設が多くあります。

第7位 イギリス|ポンドが安い今がお得

【決定版】2018年コスパのいい旅先ベスト10!イギリスもランクインしてます。
物価が高いことで有名だったイギリス。まさかランクインするとは。2015年EU離脱の決定の後、イギリスの通貨ポンドはどの通貨に対しても安くなったんです。これが、原因なんですね。日本円の場合、2015年に184円を超えていたポンド、2016年には147円、そして2017年には143円台に下がっています。100円だったものが78円になったということ。2割引き以上といったイメージです。

第6位 エッサウィラ(モロッコ)|地元の食べ物が安い

【決定版】2018年コスパのいい旅先ベスト10!イギリスもランクインしてます。
モロッコはアフリカですが、治安もよく旅しやすい国と言われています。定番の観光地といえばマラケシュですが、実はこのエッサウィラへは、イギリスやフランスから確約航空が乗り入れていることもあって、最近人気上昇中。特に食べ物がおいしくてとっても安いんです。ホブズとよばれる平らなパンは50円ちょっと。市場ではイワシが10尾で100円ちょっとといった安さ。新鮮な季節のフルーツジュースも50円くらいで。

第5位 ポーランド|総合的にコスパがいい!

【決定版】2018年コスパのいい旅先ベスト10!イギリスもランクインしてます。
ポーランドと聞けば、ちょっと遠いような、行きにくいようなイメージもありますが、実は日本からのアクセスはドイツの都市などとあまり変わりません。それでいて、なんでも安いんです。宿泊も、食事も。それにワルシャワの旧市街や、古都クラクフ(写真↑)、それに深く歴史と人を感じるアウシュビッツの収容所など、見どころもたくさん。どこも、あまり商業的になりすぎていないものの、しっかりと交通も整備されていて便利で、治安もしっかり大丈夫。手つかずのヨーロッパを楽しめます。総合的にコスパのいい国です。

第4位 ラパス(ボリビア)|一日30ドルで十分な旅

【決定版】2018年コスパのいい旅先ベスト10!イギリスもランクインしてます。
インスタグラムで人気沸騰、日本人観光客が爆発的に増えたウユニ塩湖があるのがボリビアです。そのボリビアもかなりコスパがよさそう。このラパスは、高度3660メートルと富士山よりちょっと低いという高原の街。まずはこの高度に体を慣らす必要がありそうです。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会