体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランスのスーパーで手に入るお土産!本格インスタントスープを勝手に星評価

フランスの家庭でもレストランでも、スープは前菜の定番です。暑い時期には冷製スープ、秋から冬にかけては温かいスープをよく飲みます。

フランスのスーパーで手に入るお土産! 本格派インスタントスープを星で勝手に評価
お土産にするなら軽くてかさばらない、現地のスーパーで購入できる粉末タイプがおすすめ! 先日TABIZINEでお伝えした当地のインスタントみそ汁は不発でしたが、奇をてらわないスープなら、おいしいものもたくさんあります。

そこで、フランスらしいフレーバーのグルメな粉末スープをセレクトしてみることにしました。お土産にオススメ度を星(三ツ星)で、勝手に評価しちゃいます! それでは早速、アレ・オニヴァ(※フランス語で行ってみようの意味)。

フランスのスーパーで手に入るお土産! 本格派インスタントスープを星で勝手に評価

スープ・ド・ポワソン ★★★ 

 
フランスのスーパーで手に入るお土産! 本格派インスタントスープを星で勝手に評価
お魚の旨味がギュッと詰まった、とっても濃厚な「スープ・ド・ポワソン」。お魚のスープというと、マルセイユ名物の豪華なブイヤベースが有名ですが、こちらのスープはご存知ない方も多いのではないでしょうか? ブイヤベースと似ており、岩礁の小魚と野菜を煮込んでピューレ状にしたもの。

どちらも味は似ているのですが、スープ・ド・ポワソンの方がずっと庶民的です。フランスの家庭やレストランでは、バゲットにピリ辛マヨネーズ「ルイユ」を塗ったバゲットを浮かべていただきます。

【味の評価】お湯を注ぐと、磯の香りがふわり。魚のコクと旨味が凝縮されていて、とても美味! とろみのあるテクスチャーと本格的な味わいは、粉末スープよりも高価な瓶入り「スープ・ド・ポワソン」のよう。

フォレスティエ ★★★

  
フランスのスーパーで手に入るお土産! 本格派インスタントスープを星で勝手に評価
キノコをベースにしたスープやソース、炒め物などを意味する「フォレスティエ」。キノコたっぷりでとてもクリーミーなスープ「フォレスティエ」は、人気の高いフレーバーのひとつです。

【味の評価】お湯を注ぐと、セップ茸(ポルチーニ茸)の香りがふわ〜っと漂う本格派。とろりとした、キノコの濃厚スープです。そのままでもおいしいけれど、生クリーム大さじ1ほど加えて味わうと、レストランに負けない味に!

ポワロー・ポム・ド・テール ★★

 
フランスのスーパーで手に入るお土産! 本格派インスタントスープを星で勝手に評価
煮込み料理にスープ、タルトにサイドメニューなど、フランスの冬場の食卓を彩る西洋ネギ「ポワロー」。国産のネギよりも甘みが強く、バターやクリームとの相性がよい肉厚のネギです。このポワローとジャガイモたっぷりのスープが「ポワロー・ポム・ド・テール」。フォレスティエやかぼちゃのスープと同じく、人気のフレーバーです。

【味の評価】ポワローとジャガイモを煮込んだときのトロトロ感が再現されていて、とってもグッド! 味はよいものの、本物のポワローのような豊かな香りが感じられないので星2つです。

オニオン・グラティネ ★

  
フランスのスーパーで手に入るお土産! 本格派インスタントスープを星で勝手に評価
あめ色になるまで炒めた玉ねぎをビーフストックで煮込んだ、世界的に有名なパリ名物の「オニオン・グラティネ(オニオングラタンスープ)」。フランスパンにチーズをのせて、オーブンで焼き上げたリッチな味わいにファンも多いのでは? 

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。