体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美食の街「シアトル」の料理教室で、ほっぺた落ちた。

美食の街「シアトル」の料理教室で、ほっぺた落ちた。

現在、アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。

食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。

サンフランシスコからシアトルへ
ITワーカーたちがお引越し!?

Amazonの本社を擁し、新社屋の増設ラッシュが続く同社の成長と合わせるように活性化しているこの街では、サンフランシスコから引っ越してくるITワーカーたちが急増。おかげでこの2〜3年、人口も家賃もうなぎ上りなのです。びっくりするようなボロ家でさえ、3日もたてば億単位の金額で売れてゆき、街のいたるところで都市開発が急ピッチで進められています。美食の街「シアトル」の料理教室で、ほっぺた落ちた。 Amazon本社エリアに建設中の透明ドーム型植物園。従業員に癒やしを与える目的でわざわざ造っているというから、仰天。美食の街「シアトル」の料理教室で、ほっぺた落ちた。

Amazonが試運転中の、レジがない未来のコンビニ「amazon go」。アプリをかざして入店し、商品を選んでそのまま外に出るだけでお会計が完了。今はAmazon社員しか入店できないけれど、実用化される日が楽しみです。

シアトルに来たら
食べ尽くせ!

当然、そんなシアトルにはグルメな人たちも集まってきていて、今、フードシーンが大いに盛り上がりを見せています。とくに旅行者に人気なのが「ローカルセレブリティシェフ」と呼ばれる、人気料理家のクッキング教室。美食の街「シアトル」の料理教室で、ほっぺた落ちた。

というわけで、参加してきました。クッキング教室へ行くと、広くてオシャレなキッチンのテーブルの上に本日の食材がズラリ。

今回私がチョイスしたのは、シアトルで「Lola」や「ASSEMBLY HALL」など18もの行列レストランを経営しており、料理本も何冊も出版しているセレブリティシェフ、トム・ダグラスさんのクッキング教室「Hot Stove Society」美食の街「シアトル」の料理教室で、ほっぺた落ちた。

迎えてくれたのは、トム・ダグラスさんではないですが、見るからに美味しい料理を作ってくれそうな、エリック・ストーバーさん。

「今日のHot Stove Societyクッキング教室のテーマは『ブランチ』。みんなで、トム・ダグラス流のエッグベネディクトを作ろうぜ!」

美食の街「シアトル」の料理教室で、ほっぺた落ちた。

というわけで、エッグベネディクトには欠かせない、ホーランディズソースから手作りしていきましょう。料理が苦手な人も大丈夫。エリックさん以下、経験豊富なスタッフたちがしっかりサポートしてくれるから安心して!

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。