体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

突き指後のサポートにうってつけ! ザムスト「フィンガーラップ」が新発売

バレーボールやバスケットボールの試合や練習中、多くのプレーヤーが経験する突き指。‟春高バレー”でお馴染みの「春の高校バレー 第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会」(1月4日~8日に開催)も間近に迫る中、『ZAMST(ザムスト)』のサポーターに指専用の「フィンガーラップ」が新たにラインナップ。予防はもちろん、突き指後のサポートにもうってつけのアイテムだ。

 

バレーボールやバスケットボールで多い「人差し指」のケガ

ザムストの販売元である日本シグマックス株式会社(東京都新宿区)が、バレーボール・バスケットボールでの突き指経験の有無と、部位に関するアンケート調査を実施したところ、これまでに約90%のプレイヤーが突き指を経験しており、複数の指を痛める人が多いことが判明した。

バレーボールやバスケットボールで親指のケガが一番多いことは、先日発売された親指サポーター「サムガードソフト」の紹介記事でも触れた通り。さらに深掘りしたところ、バレーボールでは主にブロックする際に「人差し指」を突き指する人が多く、バスケットボールではボールカットやリバウンドの際「親指」に次いで「小指」や「中指」も突き指する人が多い結果となった。

 

テーピングへの不満も「フィンガーラップ」で解消

突き指の予防やケアにテーピングを使用する人も多いが、「巻くのが面倒」という声や「プレー中に剥がれる」といった不満も多く、「費用がかかる」「皮膚がかぶれる」といった悩みを抱えている人も目立つという。

そういった人にぜひ使用して欲しいのが、今回新発売となった「フィガーラップ」だ。装着方法は、サポートしたい指を入れて、ストラップを巻くだけ。

薄くて伸縮性のある生地を使用し、2股のストラップでしっかり固定。さらに、サポーターの内側と外側に施されたウレタンフィルムによって運動時のズレが抑制され、ボールも滑りにくい設計となっている。

左右兼用で、サイズはS、M、Lの3タイプ。サポートしたい指の第二関節のもっとも太い部分を計測し、適したサイズを選ぼう。ただし、小指をサポートしたい場合は、薬指の指周りを測り、2本指タイプを使うこと。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。