体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ありえない!日本人がカンボジアで驚いたこと8選〜小学生がバイクを運転!?〜

世界遺産のアンコールワットで有名なカンボジアのシェムリアップ。のんびりとした時間が流れるこの街を旅していると、日本では考えられない、驚くような情景や真実をいくつも目にします。

そこでカンボジアのシェムリアップで日本人が驚いたことを8つご紹介。カンボジア人の驚くべき日常や食事などが明らかになりますよ。

小学生が制服を着てバイクを運転している

ありえない!日本人がカンボジア・シェムリアップで驚いたこと8選〜小学生がバイクを運転!?〜
日本とは違いカンボジアではバイクの無免許運転が普通です(本当はバイクの免許を取得することが義務付けられているが、ほとんど守られていない)。シェムリアップの中心街から離れた車の通りが激しくない場所では、小学3、4年生くらいの男の子が50ccのバイクにまたがり、道路を走る姿を見かけました。中には妹と思われる女の子と二人乗りをして、バイクを運転する男の子の姿も!

驚きの光景に思わずカンボジア人に「バイクのライセンスは必要ないのか?」と聞いたところ、カンボジアではほとんどの人がバイクの無免許運転をしていることが発覚。これは危ないの一言に尽きます。余計なお世話ですが、もっと厳しく取り締まらないと、事故が増えそうで心配です。

クモ(タランチュラ)を好んで食べる習慣がある ※画像閲覧注意

ありえない!日本人がカンボジア・シェムリアップで驚いたこと8選〜小学生がバイクを運転!?〜
カンボジアの露店をのぞくと、炒めたコオロギやタガメなどをよく見かけますが、タイなどでも昆虫食はあるため、それほど珍しい光景ではありません。しかし、カンボジアの露店には、黒々とした毛の生えた物体がお皿に山盛りになっています。

その物体の正体は、タランチュラ! 毒を持っていることでも有名なあのクモです。どうやらタランチュラの毒は噂に聞くほど強いものではないらしく、火を通してしまえば人体に影響はないとのこと。カンボジア人は見た目もグロテスクなタランチュラをお酒のおつまみなどにして食べるそうです。

次は恋愛やSNS事情についての驚きです!

アンコールワットのお堀の芝生がデートスポット

ありえない!日本人がカンボジア・シェムリアップで驚いたこと8選〜小学生がバイクを運転!?〜
カンボジア、シェムリアップに住むカンボジア人のデート場所のひとつは、なんとアンコールワットのお堀にある芝生の上。夕方になること、芝生の上でデートを楽しむカップルを何組も見かけました。また日中は、ピクニックをする家族連れの姿も。世界遺産の周辺がデートスポットだなんて、贅沢に思えましたが、この地に住むカンボジア人にとっては普通のことなのでしょう。

アンコールワットの遺跡群でウェディングフォトを撮影しているカップルも頻繁に見かけましたので、アンコールワットはカンボジア人にとってもロマンチックな場所なのかもしれませんね。

カンボジア人の間でfacebookが大流行中!

ありえない!日本人がカンボジア・シェムリアップで驚いたこと8選〜小学生がバイクを運転!?〜
2017年12月現在、カンボジア人の間でfacebookが大流行中! いくつものセルフィーを掲載し、楽しんでいる様子。またセルフィーの撮影に慣れているのにもビックリ! 多くのカンボジア人は自分がもっとも美しく見える表情や角度を熟知しているようで、彼らのfacebookはキメ顔でいっぱい(もちろんそうでない人もいますが・・・)。

さらにお見合い結婚が一般的なカンボジアにも自由恋愛の波が押し寄せているらしく、facebookで新たな出会いを求める若者も増えているそうです。SNSが流行したことがキッカケとなり、今後、カンボジアの結婚・恋愛事情は大きく変わるかもしれませんね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。