体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界遺産の古都「もし1日しかスペインにいられないのなら迷わずトレドへ行け」

三方をタホ川に囲まれた岩山に築かれた天然の要塞都市・トレド。画家エル・グレコが愛したことでも知られるこの町は、「もし1日しかスペイン にいられないのなら迷わずトレドへ行け」といわれるほど美しいことで知られています。

こぢんまりとした町ながら、スペイン・カトリックの総本山のカテドラルや丘の上にそびえるアルカサルなど、見どころ満載。16世紀のまま時を止めた古都のたたずまいに、誰もが感動せずにはいられません。

世界遺産の古都トレド

世界遺産の古都「もし1日しかスペイン にいられないのなら迷わずトレドへ行け」
首都マドリードから高速列車でわずか30分、三方をタホ川に囲まれた古都・トレド。1561年に首都がマドリードに移るまで、スペインの政治・経済の中心として隆盛をきわめました。

560年に西ゴート王国の首都となったトレドは、711年からおよそ400年にわたってイスラム勢力の支配下に置かれました。それから1085年のアルフォンソ6世による再征服後も、1492年に追放令が出されるまで、キリスト教徒とイスラム教徒、さらにはユダヤ教徒がともにここで暮らしていたのです。

世界遺産の古都「もし1日しかスペイン にいられないのなら迷わずトレドへ行け」
そんな歴史的の証言者たる、キリスト教・イスラム教・ユダヤ教の文化が入り混じった独特の街並みを残す旧市街は、まるごと世界遺産に登録されています。

16世紀のまま時を止めた町並み

世界遺産の古都「もし1日しかスペイン にいられないのなら迷わずトレドへ行け」
トレドは「16世紀で歩みを止めた町」といわれます。対岸から旧市街を眺めれば、アルカサルを頂点にして、段々畑のようにレンガ色の屋根が無数に連なる絶景が広がり、城壁に囲まれた旧市街には、迷路のように細い路地や坂道が張り巡らされています。

そして、細道と坂道のあいだからは、かつての繁栄ぶりを物語る重厚な歴史的建造物が顔をのぞかせます。

町を歩くうちに、アーチや幾何学模様など、イスラム美術に影響を受けた装飾が随所に見られることに気づくでしょう。異文化が融合したトレドの町並みは、この町が歩んできたダイナミックな歴史の生き証人です。

カテドラル(大聖堂)

世界遺産の古都「もし1日しかスペイン にいられないのなら迷わずトレドへ行け」
トレドを代表する建造物のひとつが、天を射抜くかのような尖塔が印象的なカテドラル。フェルナンド3世の命によって1226年に着工、200年以上の歳月をかけて1493年に完成したスペイン・ゴシック様式の大聖堂です。

「カテドラル」とはスペイン語で大聖堂のこと。スペイン全土に数あるカテドラルのなかでも、スペイン・カトリックの総本山であるトレドのカテドラルは特別な存在です。

重厚かつ壮大な外観もさることながら、豪華絢爛な内部も圧巻。本堂左奥の宝物室には、総重量200キロにおよぶ金・銀・宝石などで装飾された16世紀の聖体顕示台が置かれ、内陣の祭壇裏にはナルシソ・トメが手掛けたバロック様式の傑作・トランスパレンテが待ち受けています。壮麗な芸術作品の数々に圧倒されているうちに、あっという間に時間が過ぎてしまうはず。

サン・ファン・デ・ロス ・レイエス教会

世界遺産の古都「もし1日しかスペイン にいられないのなら迷わずトレドへ行け」
1476年のトロの戦いでポルトガル勝利したことを記念して建てられた教会。おもにゴシック様式とムデハル様式をミックスしたイザベル様式と呼ばれるスタイルで建てられており、さまざまな建築様式が調和した独特の姿をしています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。