体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どれが一番当たる?ユニークな世界各国の占い8選

生活・趣味

どれが一番当たる? ユニークな世界各国の占い8選
世界にはユニークな占いがたくさん存在します。各占いのバックボーンもさまざまです。占いは当たるも八卦当たらぬも八卦と言われていますが、性格や吉凶、過去から未来を読み解くだけではなく、旅先のエンターテインメントとして楽しむのにも最適。そこで世界のユニークな占いを8つご紹介します。

インド占星術

どれが一番当たる? ユニークな世界各国の占い8選
インド占星術とはその名の通り、インド、ネパール、チベット周辺に広がる占星術です。占星術と言えば西洋占星術を12星座で表した星座占いが一般的ですが、インド占星術は、「ヴェーダ」と呼ばれる聖典がもとになっていて、前世からのカルマや輪廻転生もわかるとされています。

また、わかりやすく言えば西洋占星術とは12星座の基準が異なり、西洋占星術の12星座占いでは納得できない人も、インド占星術における自分の12星座を知ることで自分の本質などを知ることができる場合があります。占い方法は生年月日(出生時間があれば尚良し)を占い師に伝えれば、性格や運命の傾向、過去や未来などを占うことができますよ。

ルーン占い

どれが一番当たる? ユニークな世界各国の占い8選
ルーン文字は1世紀頃からゲルマン人によって実際に使用されていた文字です。ルーン占いではルーン文字が刻まれた全24個(25個の場合もあり)のストーンを使用するのが一般的です。占い方は自由で決まりはありません。しかし、ストーンを一つのバッグに入れておき、その中からストーンを取り出し、決まった配置に並べていく方法が一番よく見かけます。

かつての占者はすべての石を布の上に放り投げ、意味を読み解くというワイルドな占い方をしていたとか。ちなみにルーン占いは卜術と言われるこの瞬間に偶然に出た結果で物事の未来や吉凶を推測する、タロットカードや易のような占いです。

世界のユニークな占い、まだまだ続きます!

ジプシー占い

どれが一番当たる? ユニークな世界各国の占い8選
インドからヨーロッパへと放浪の旅をしていたジプシーたち。迫害を受けることも多く、真剣に未来を読み解くために占いをしていたそうです。それがジプシー占いの始まりだとか。また昔は、枝や木を使用して占っていたそうですが、今日では図柄の描かれたカードを使用して物事を占います。ジプシーカードはタロットカードの起源になったとも言われています。

東ヨーロッパでもジプシー占いは有名なようで、実際に占ってもらったことのある人の話では的中率が非常に高く過去はもちろん、未来の重要な事柄も当たっていたそう。ヨーロッパに旅行したとき、ジプシー占いをするチャンスがあったら、ぜひ試してみたいものですね。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会