体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

lynch.、春の幕張ワンマンにて明徳(Ba)のバンド復帰&春ツアーを発表

lynch.が2017年12月31日にZepp Nagoyaにて開催した『lynch.COUNTDOWN LIVE「2017-2018」』で、元メンバーである明徳がバンドに復帰することを発表した。明徳のバンド活動は、2016年12月20日にlynch.を脱退して以来。2018年3月11日(日)に幕張メッセ国際展示場で行われるワンマンライブ『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS-[THE FIVE BLACKEST CROWS]』のステージにて、lynch.のベース担当として正式メンバーとなる。
『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS]』 (okmusic UP's)

また、昨年2017年に中止となったツアー『「THE NITES OF AVANTGARDE #2」”A BLØODY REVENGE”』の開催も発表された。こちらは2018年4月30日(月)NAMBA Hatchを皮切りに5月2日(水)Zepp Nagoya、5月11日(金)Zepp Tokyoを廻る、東名阪ツアーとなる。

定刻を過ぎ、オープニングアクト・とにかく明るい土屋が登場。“普段は物販スタッフやってるんですけど…”と素性を明かしながらも“今日は会場を盛り上げないと!”と言って堂々とカラオケ歌唱した。“pynch.です。よろしくお願いします!”と、lynch.メンバー風の衣装で登場したpynch.は1曲目を終えたところで“lynch.をこよなく愛する皆さん、ラスト行くぞー!”と、全2曲を披露。

そして、会場が温まったところで、ライブ本編がスタート。メンバー全員が黒いスーツ姿で登場し「LAST NITE」が始まった。中盤では今年を振り返るインタビュー映像が流れ、今度は紋付袴の衣装で登場したメンバー。年越しのカウントダウン後は、めでたく鏡開きをお披露目した。悠介(Gt.)は“皆さんが笑顔でいられるように頑張ります。”玲央(Gt.)は“最後まで楽しんで行ってください!”晁直(Dr.)は“去年できなかったカウントダウンライブができたことを嬉しく思います。”葉月は“こんなに素敵な景色を見ながら2018年を迎えられて最高です!”とそれぞれ感謝や抱負を話した。アンコールでは、昨年行われた葉月単独公演『装艶』を再現した葉月とピアニスト堀田健志によるステージや、晁直とサポートベース・人時によるリズムセッションの他、J(※1)の「Die for you」カバーを悠介がボーカルを担当するなど、この日だけのスペシャルなライブを見せた。

鳴り止まない声援の中、映像が流れた。4人のメンバーが再び現れた後、元メンバーである明徳が登場した。明徳はステージの中央で立ち止まり、深くお辞儀をして頭を上げようとしなかった。そこに人時が現れ、手に持ったベースを明徳に授けた。葉月、玲央、悠介、晁直、そして明徳の5人で「ADORE」を演奏した後、明徳が心のうちを明かすと(※2)、自然と温かな拍手が起こった。“さぁ、もうちょっと暴れてみますか名古屋!この5人対1800人で、もうちょっと遊んでみませんか!”そう言って「MOON」「INVADER」「SORROW」を演奏して幕が閉じた。

終演後には、春に行われる東名阪ツアー『TOUR’18「THE NITES OF AVANTGARDE #2」”A BLØODY REVENGE”』のトレーラー映像が公開された。来る3月11日(日)に幕張メッセ国際展示場でおこなわれる、lynch.史上最大規模のワンマンライブ『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS]』ではどのような景色を見せるのか。新メンバー・明徳を迎えて再び5人体制となったlynch.の、今年の活動に期待が高まる。

Photo by 屋良太

Text by 羽村萌

※1:Jはlynch.「SINNERS-EP」(2017年5月31日発売)表題曲「TRIGGER feat.J」でサポートベースを担当。

※2:明徳コメント(ライブ中MCより一部抜粋)

「この度はご迷惑とご心配をお掛けして本当に申し訳ございませんでした。自分の無責任な行為のせいで、lynch.と、lynch.の周りの全ての人、lynch.のためにこうやって集まってくれる人、そして、自分の周りの全ての人をいとも簡単に裏切ってしまった自分に対して本当にムカついたし、悔やんでも悔やんでも、悔やみきれない気持ちでいっぱいでした。みんなのことを裏切ってしまって、本当にすみませんでした。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。