体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギネス認定「世界一美しい牛乳屋さん」って?バターミルクやドイツのお土産も

ギネス認定、ドレスデンにあるヴィレロイ&ボッホのタイルで覆われた「世界一美しい牛乳屋さん」って一体?
東ドイツの古都・ドレスデンに、「世界一美しい牛乳屋さん」と呼ばれるお店があります。

「世界一美しい○○」というのは数あれど、牛乳屋さん!? あなたは「世界一美しい」と「牛乳屋さん」がくっついた姿をイメージできるでしょうか・・・。

とっても気になる! ということで、実際に世界一美しい牛乳屋さんを訪れてみました。

世界一美しい牛乳屋さん

ギネス認定、ドレスデンにあるヴィレロイ&ボッホのタイルで覆われた「世界一美しい牛乳屋さん」って一体?
東ドイツの古都・ドレスデンに店を構える「ドレスナー・モルケライ・ゲブリューダー・プフント(Dresdner Molkerei Gebrüder Pfund)」。このお店は、1998年に「世界一美しい乳製品店」としてギネスブックに認定されました。「自称世界一」ではなく、ギネス公認なのです。

舌を噛みそうな長い店名は、「プフント兄弟のドレスデンの牛乳屋」という意味。1880年、創業者のプフントさんは農場から運んできた新鮮な牛乳を町で売り出します。しだいに牛乳だけでなく、チーズやヨーグルトなどの乳製品も販売するようになり、1891年には現在の場所に店舗を構えるようになりました。

130年以上の歴史をもつプフントさんの牛乳屋さんは、今も変わらず地域の人々に親しまれているのみならず、その美しさをひと目見ようと世界中から観光客が訪れる観光名所にもなっています。

ヴィレロイ&ボッホのタイルに覆われた空間

ギネス認定、ドレスデンにあるヴィレロイ&ボッホのタイルで覆われた「世界一美しい牛乳屋さん」って一体?
歴史を感じさせる雰囲気はあるものの、外観だけを見ればごく普通の食料品店。しかし、店内に一歩足を踏み入れると見事な装飾タイルに彩られた空間に息を呑みます。

ギネス認定、ドレスデンにあるヴィレロイ&ボッホのタイルで覆われた「世界一美しい牛乳屋さん」って一体?
ギネス認定、ドレスデンにあるヴィレロイ&ボッホのタイルで覆われた「世界一美しい牛乳屋さん」って一体?
天井から壁床にいたるまで、店内全体を覆う華麗なるタイルの数々は圧巻。隅から隅まで美しく芸術的で、まるで宮殿か美術館にいるかのような気分になります。

ギネス認定、ドレスデンにあるヴィレロイ&ボッホのタイルで覆われた「世界一美しい牛乳屋さん」って一体?
内装を手掛けたのは、ドイツ発の世界に名だたる陶磁器メーカー、ヴィレロイ&ボッホ社。これらのタイル装飾はすべて手作りなんだとか。気の遠くなるような作業と、卓越した技術力に脱帽です。

ギネス認定、ドレスデンにあるヴィレロイ&ボッホのタイルで覆われた「世界一美しい牛乳屋さん」って一体?
壁一面に精緻な壁画が描かれ、天井には植物模様や動物などをデザインした装飾が施されています。

ギネス認定、ドレスデンにあるヴィレロイ&ボッホのタイルで覆われた「世界一美しい牛乳屋さん」って一体?
牛乳屋さんらしからぬ豪華絢爛な店内ですが、牛乳屋さんらしく牧場の風景を描いたタイル画も。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。