体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「人類と世界の繁栄に貢献する国」ランキングTOP5!日本は何位?

【ランキング】「人類と世界の繁栄に貢献する国」Best5
地球ならびに人類に対する世界各国の貢献度を測る、「Good Country Index」(良い国指数)の2017年度版が発表されました。これは「サイエンス&テクノロジー」「文化」「国際的平和」「世界秩序」「気候への貢献」「繁栄と平等」「健康と豊かさ」という7分野の点数をつけ、163か国を順位付けしたランキングです。そのうちの上位5か国をご紹介いたします。一体、どんな国がランクインしているのでしょう?

ランキング第5位:ドイツ

【ランキング】「人類と世界の繁栄に貢献する国」Best5
163か国の5位になったのは、欧州の大国ドイツ。「世界秩序への貢献」(World Order Global Contribution)という分野が163か国中2位と高く評価され、全体の順位を引き上げました。さすが大国だけあり、「外交行動と平和的紛争解決の代理人として署名された(2014年までの)国連条約の数」などで存在感を示したことが要因となったようです。そして意外なことに一番評価が低かったのが「国際的平和と安全への貢献」(International Peace & Security Global Contribution)の37位。武器の輸出量などが低評価の原因になりました。

ランキング第4位:フィンランド

【ランキング】「人類と世界の繁栄に貢献する国」Best5
良い国ランキングの第4位は、北欧フィンランド。さすが「森と湖の国」と言われるだけあり、イメージ通り「地球と気候への貢献」(Planet & Climate Global Contribution)が6位と好評価。経済規模と比較した際のオゾン層破壊物質の消費量などが、他国に比べて少なかったようです。そして意外なことに、低評価だったのもドイツと同じ「国際的平和と安全への貢献」の52位でした。

ランキング第3位:デンマーク

【ランキング】「人類と世界の繁栄に貢献する国」Best5
良い国ランキング第3位は、デンマーク。アンデルセン童話の「人魚姫」像があることでも知られ、高福祉国家であることから「国民の幸福度No1」との呼び声も高い北欧の国です。

そんなデンマークが高評価を受けたのは、「繁栄と平等」(Prosperity & Equality Global Contribution)分野の2位。外国への開発援助などが功を奏したようです。更に僅差で、「健康と豊かさ」分野(Health & Wellbeing Global Contribution)も3位につけています。

デンマークも前述のドイツ、フィンランドと同様に低評価だったのは「国際的平和と安全への貢献」の64位だったのですが、その次に低評価だったのは「地球と気候への貢献」の14位。エコ国家のイメージもあるので意外ですが、「有害な農薬を輸出している」という部分にマイナス評価が入ってしまったようです。

ランキング第2位:スイス

【ランキング】「人類と世界の繁栄に貢献する国」Best5
全体での第2位は、アルプス山脈をはじめとする豊かな自然に恵まれたスイス。そのイメージ通り、一番評価されたのは「地球と気候への貢献」分野の2位でした。1992年以来の植林量や、二酸化炭素排出量の少なさが高く評価されています。

また、やはり低評価は「国際的平和と安全への貢献」の44位。2番目に低評価だったのは「科学技術への貢献」(Science & Technology Global Contribution)ですが、それでも全体の11位。163か国中の11番目なので、他の国と比べれば十分高評価ですよね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。