体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1歳3カ月の我が子が喜んで遊ぶおもちゃは手作り?それとも買ったもの?答えは違う次元にあった!

f:id:akasuguope01:20170825221812j:plain

現在1歳3ヶ月の我が子が興味を持った・逆に興味を持たなかったおもちゃを紹介します。

まず、購入したおもちゃの中で興味を持ったものは手押し車です。

手押し車といっても、分解して違う組み立て方をすると車になる2WAYタイプのもので、1歳になる少し前は手押し車として愛用。1歳3ヶ月になった今では歩くのはもちろん、走れるようにもなったので、車にして遊んでいます。

そのせいかスーパーに置いてある、キャラクターの車型カートにも興味を持ち始め、お店に行くと毎回利用しています。

そんな車好きの我が子ですが、購入したおもちゃであまり興味を示さなかったものが、ぬいぐるみです。

私がぬいぐるみを動かし、遊んでいるとじーっと見てくれることはありますが、ひとり遊びでぬいぐるみを使うことは、一度もありませんでした。

もう少し成長して大きくなれば、ひょっとしたら興味を持つかもしれませんが…。

次に手作りをしたおもちゃでウケが良かったのが、段ボールで作ったお家と、ペットボトルのマラカスです。 関連記事:おもちゃは値段じゃないのね!1歳の息子のお気に入りはママの手作りおもちゃ

段ボールのお家は、宅配で来るような普通のダンボールを使用。それを好きな形にしてお家を作ったり、底と蓋を開けトンネルにします。

反対側からのぞいたり、切り込みを入れて窓を作り、いないいないばあをするとケラケラと笑って喜び、私のまねをして隠れたり出たりするようになりました。

ペットボトルのマスカラは、ペットボトルに要らなくなった服のボタンや、お米、割りばしなどを入れてシャカシャカ鳴るようにしたもの。

我が子がシャカシャカ振る度、びっくりして固まるようなオーバーリアクションをするとすごく楽しいようで、何度も振っていたことがありました。

どちらも家にあるもので簡単にできます。 関連記事:赤ちゃんは遊びの天才!普通はゴミとなってしまうものも楽しいおもちゃに

最後に、我が子といろいろなおもちゃで遊んで気づいたことは、どんなおもちゃでも「子どもは、お母さんと一緒に遊んでいる時が何より楽しそう」ということ。

たとえ機能がたくさんついていない単純なおもちゃであっても、お母さんと一緒にいろいろと工夫しながら遊ぶことが、子どもにとって何よりも良い経験になるのではないかなと思いました。

f:id:akasuguope01:20170825221838j:plain

著者:ホワイトスター

年齢:18歳

子どもの年齢:1歳

17歳で出産を経験した一児の母です。何もかも初体験で始めは大変でしたが、今は大切な我が子と毎日奮闘中。この時間もあっという間に過ぎていくと思うと、今を大事に、子どもにとっていい母親となれるように日々努力、我が子とともに日々成長中です。一番好きな時間は我が子と音楽を流しながらダンスを踊ること(笑)。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

600

関連記事リンク(外部サイト)

子どもは「自分だけの空間」が大好き!誕生日にもらったテントハウスが大活躍
1歳で購入したレゴブロックは満足度高し!5年間以上使い続けた唯一のおもちゃです
1才の誕生日にもらって嬉しかったプレゼント3つを紹介します!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。