体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米国初の海底美術館、来年フロリダにオープン! まずは彫刻7体設置へ

世界中の国に、美術館や博物館がある。その国の文化の一端を知ることができ、旅の楽しみとして足を運ぶ人は多いはずだ。

そして間もなく、かなりユニークな美術館が米国フロリダにオープンする。なんと、海底に彫刻が設置され、ダイビングしたり海面からのぞいたりして鑑賞するというものだ。

・白い砂浜エリア

実は、海底博物館はこれが初めてではない。スペインとメキシコにあるが、米国で常設されるのは初となる。

場所はフロリダ湾のサウスウォルトン地区、グレイトンビーチ沖。白い砂浜が美しいことで有名なエリアで、そこの海底に彫刻7体が設置される。

・魚にすみかを提供

設置される場所は、水深約15〜18メートル。十分スキューバダイビングで潜れる深さだ。透明度がよければ、素潜りやカヤックをしながら遠くから楽しむこともできそう。

この海底博物館の第一の目的はユニークな方法で彫刻を展示することにあるが、海の生物にすみかを提供することも兼ねている。

というのも、周辺の海底は砂だらけでサンゴや海藻などはまったく見られず、ある意味“海中の砂漠”なのだという。人工物を設置することで魚を誘う。

この海底博物館、2018年半ばにオープン予定。フロリダに行く機会があったら足を運んでみてはいかが。

Underwater Museum of Art

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy