体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。1/1-1/7の運勢をチェック!

kyamera

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 1/1-1/7の運勢

1・水の星の人
1月の全体運
2018年は水の星の人にとって、自己の能力を発揮できる、最強の年となるでしょう。
1月の全体運
頂上運の月です。運気は活発で、物事が表面化しやすくなっています。また、人から注目を集めやすくなっています。過去がひょっこり顔を出すようなこともありそうです。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  いくらの醤油漬け

今週の運勢(1/1~1/7)
今年一年の目標を立てるのにぴったりのタイミングです。わくわくすること、たとえば、遊びの予定や旅行の計画を練るのも、オススメ。けれども、自分自身の課題を明確にしておくということを、まず始めにするのが良さそう。現実、つまり自分の現在のありのままの状況と真っ向から向き合い、どの時期までに、これくらいまで、その為には、どんなステップを踏んで、どういったことをすれば良いのか、などといったように、プランが具体的であればあるほど、少々高めな目標達成や夢の実現に近づくことが出来そうです。
2日は誠実でいる、ということを大切にしましょう。実直な印象を受ける人にツキがありそうです。5日は変化が起こりやすい日。物事や状況を様々な角度から見ることで新たな可能性も見つかりそうです。

2・大地の星の人
2018年は大地の星の人にとって、楽しい事、喜び事が多い年となるでしょう。
1月の全体運
自分自身と真摯に向き合いたい月です。ここで人知れず努力を重ねたり、徳を積むことが必要になります。あなたの「人間力」や「底力」のようなものが問われるタイミングのようです。
幸運を招く方角 西 北東
ご利益フード  数の子

今週の運勢(1/1~1/7)
冷静さ、そして平常心を保つことが開運の鍵となりそうです。周りの意見や他人の動向、溢れかえる情報に一喜一憂したり、流されないようにすることが大切です。それぞれ、自分に合ったやり方や道、歩む速度があります。「人は人、自分は自分」です。また、油断は大敵。うっかりミスをしないよう、大事な決断はじっくり検討してから下すようにしてください。新年のはじまり、しっかり気を引き締めていきましょう。
1日はラッキーデー。交際運が絶好調。寝正月をするよりも、外に出かけましょう。楽しいお正月を過ごせそうです。3日はきちんとした格好をすると、好印象につながりそうです。挨拶も普段より明るく、丁寧にしましょう。5日は感情が高ぶりやすい日。適度にクールダウンするようにしましょう。7日はラッキーデー。和やかな雰囲気を大切に。食べたり、飲んだりも楽しめそうです。

3・雷の星の人
2018年は雷の星の人にとって、変化の多い年となるでしょう。
1月の全体運
準備運の月です。今ここでいかに地道に努力することができるかどうかが、これから先の運気を左右することになりそうです。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  栗きんとん

今週の運勢(1/1~1/7)
真面目さや誠実さが幸運への鍵となるタイミングです。よって、自分自身の心をごまかしたり、嘘をつくようなことは避けた方が良さそう。他人に対しても同様です。今は難なく過ごせたとしても、あとで自分のところに返ってくることもありそうです。自分なりの解釈や判断に委ねるのではなく、世間から見て、正しいことを堂々と胸を張ってこなしていけば、きっと物事が上手く運ぶことになるでしょう。
1日は人から頼りにされたり、相談事を受けることもありそうです。4日は自分の身近にいる人たちに感謝する気持ちを持つことが重要になりそうです。7日は家族の間、もしくはその一員の状況に変化が起こりやすくなっているようです。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。