体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

金子理江の新プロジェクトtrolleattroll、山戸結希監督による新MV発表

金子理江の新プロジェクトtrolleattroll、山戸結希監督による新MV発表

金子理江による新プロジェクト・trolleattroll(トロルイートトロル)。

第2弾となる楽曲「blues」のミュージック・ビデオがYouTubeに公開される。

MVは、映画「溺れるナイフ」やRADWIMPS「光」、NGT48「世界はどこまで青空なのか?」、ブルボンアルフォートミニチョコレートのCM等でメガホンを取った山戸結希が監督を担当。金子理江が実際に19歳から20歳になる瞬間の2017年12月17日から18日にかけて撮影された。

映像には美しく儚い剥き出しの金子の姿が収められており、彼女の20年間とこれからを感じさせる、山戸監督にしか描けない金子理江を見ることができる。なお映像中のナレーションは、山戸監督によって書き下ろされたもの。

「blues」のトラックメイクはworld’s end girlfriendが担当し、歌詞は前作と同様に真部脩一が手掛けた。マスタリングはONEOHTRIX POINT NEVER、Tim Hecker、SUNN O)))などを手掛けるJames Plotkinが担当している。

前作「lost」と今作「blues」の2作をもってtrolleattroll第一期 ”消失” は終了し、20歳を迎えた2018年の金子理江・trolleattrollが始まるという。

「blues」のMVは、12月31日24:00、2018年を迎える瞬間に、下記リンクに公開される。(前田)

・trolleattroll「blues」
https://www.youtube.com/channel/UCcx2GGjPCJCo6qOlJEpV-jA?view_as=subscriber

■金子理江コメント
わたしは、
わたしでありたいのか、
わたしのなりたいわたしでありたいのか、
いつもわからなくなります。

そして、わからないことが、
わからなければいけないことなのか、
わからないままにしておくべきことなのか、
考えるだびに、わたしはわたしから遠ざかってしまう。

むき出しのわたしはきっと、恥ずかしい。
この曲で、わたしははじめて、恥ずかしいことを自分に許します。

それはわたしの、小さな勇気です。
わたしの感情を、受け取ってください。

■trolleattroll(トロルイートトロル)
LADYBABY、女優、ファッションモデルでの活動でも知られる 金子理江 がプロデュースする、hidden family と名付けられた東京の音楽家、ファッション、写真家、映像作家等、様々な分野で活躍するアーティストたちと共に発足したプロジェクト。
このプロジェクトでは、1人の女性の人生に纏わるアートが展開されていく。

現在、hidden familyのメンバーには、
クリエイティブディレクター として、 国内外のファッションショー、TVCM、映像作品などのサウンドプロデュースや、様々なアート作品、インスタレーションのサウンドデザインを手掛けている黒瀧節也 、
ファッションディレクターとして、Kanye West、RIHANNA、BIGBANG、Lil Uzi Vertが着用していることでも知られる blackmeans の 村越雄大 、
ミュージックディレクターとして、 元相対性理論の 真部脩一 の参加が明かされている。

金子理江自身が19歳から20歳を迎えた今回のテーマは ”消失” 。
1作目の楽曲 ”lost” のイメージフォト、MVのヘアスタイリングは、DAZED 、Numero russia等で海外のファッションシーンで活躍する yusuke morioka が担当。
トラックメイクは、Diplo率いる〈Good Enuff〉を含む、国内外の様々なレーベルから作品をリリースする、 食品まつり a.k.a foodman が担当。
MVは吉澤嘉代子「地獄タクシー」、LiSA「Catch the Moment」等で知られる 杉山弘樹監督 が制作し、一部映像処理をアルスエレクトロニカ Award of Distinction受賞でも知られる KEZZARDRIX が担当。
2作目となる楽曲 ”blues” のMVのトラックメイクは、 world’s end girlfriend が担当し、MVは映画「溺れるナイフ」、乃木坂46「ごめんね ずっと…」「ハルジオンが咲く頃」 、RADWIMPS「光」等で知られる新進気鋭の映画監督・ 山戸結希 が制作。

両曲とも、マスタリングはONE OTHTRIX POINT NEVER、Tim Hecker、SUNN O)))などを手掛ける James Plotkin が担当している。

この2作をもって ”消失” を終了し、20歳を迎えた2018年の金子理江・trolleattrollが始まる。

今後、金子理江を中心とした hidden family によるプロジェクト・trolleattrollには、各ジャンルのアーティストがその時々に参加し、まるでひとつの街のように変容し、展開していく。

・trolleattroll オフィシャルサイト
http://trolleattroll.com

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy