体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

用途に応じて7変化!インテリジェントなモジュールカー「PIX」に注目

自動運転化に向けて、着々と突き進む現代社会。自らの意志で自走する、自律型のモジュールカーにも、当然注目が集まっている。無人クリニックからコンビニまで、多彩な用途があるのも強みだ。

今回ご紹介する「PIX」は、単なる自走車を超えたインテリジェントなモジュールカー。カフェや自動販売機、物流など、目的によって自由に構造を変えられる、ニュータイプの輸送ソリューションだ。

・用途に合わせてフレキシブルに変更

「PIX」の存在意義は、ただ1つ。人々に、さまざまなサービスを提供すること。アプリケーションを変えるだけで用途を変更できる、フレキシビリティが魅力だ。

最初に考案されたのは、セルフドライビングカフェ。URバリスタによって、すべて自動で、新鮮なコーヒーが提供されるようになっている。観光や配送用にも、モード変更可。前者では、全方位で周囲の風景を楽しめるよう、開放的な車体に。後者の場合は、内部全体に棚を設置することができる。本体の枠組みは、取り外し可能。目的に合わせて、その都度構造を変えていけばいい。

・システマティックな運行体制

他のモジュールカー同様、完全自律制御システムを搭載。環境センサーも備えているので、障害物回避もばっちりだ。充電は、専用の超高速充電器ネットワークから。6時間以内で、フルチャージできる。

乗車予約は、アプリで行う。車のリアルタイム位置はもちろん、到着予定時刻も、アプリの画面で確認できる。運転状況とバッテリーの状態は、24時間365日、モニターで監視される。

残念ながら現在は、まだコンセプト段階。実現すれば、部品の製造コスト削減にも大きく貢献するとのこと。今後の展開に期待したい。

PIX

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy