体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レーザー式スピード取締り対応のレーダー探知機

レーザー式スピード取締り対応のレーダー探知機

アメリカはクルマ社会。巡回しているパトカーも多ければ、レーダー波によりスピード取り締まりも盛んです。ワシントンD.C.やバージニアなど州によっては使用が禁止されているようですが、Amazonでは9バンドに対応したcobraのレーダー探知機「ESD7570」が大人気となっています。実勢価格は約50ドルです。

レーザーに対応したレーダー探知機

このレーダー探知機は10.525GHzのXバンドに対応しているので、日本のレーダー式オービスなどにも使用可能。ただし、それよりも注目すべきはレーザー(向こうでは、ライダー「LIDAR」ともいう)によるスピード測定にも対応している点です。

日本でもジワジワとレーザー式のスピード測定が増え続けています。新型オービスは「固定式・半可搬式・可搬式」の3タイプがありますが、このうち半可搬式と可搬式にはレーザーによるスピード測定を採用しているのです。

このほか、レーザー式のスピード測定装置を搭載したパトカーも登場しています。ちなみに、レーザー式であればレーダー式のスピード測定装置を扱う時に必要な無線の免許が不要。レーザー式のスピード測定が増えている理由でもあります。

レーザー式の取り締まりを警告する

実際のレーダー探知機は、スピード取り締まりの警告をレベル表示とアラームで行う仕様。本体前面には「X/K」「Ka」「L」という表示が並んでいて、スピード取り締まりの種類を表しています。

すなわち、このレーダー探知機はXバンドの10.525GHzとKバンドの24.150GHz、Kaバンドの33.400~36.00GHzのレーダー波をキャッチできるということ。そして「L」の表示がレーザー式取り締まりの警告です。

ただし、アメリカのレーザー式のスピード測定と日本の仕様が同じかどうかは現状では未確認。YouTubeには「ESD 7570」の性能をチェックする動画がいくつかアップされていますが、レーザー波取り締まりは数が少ないのか見当たりませんでした。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。