体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最後まで油断しないで!キャンピングカーを返却する際の注意点

最後まで油断しないで!キャンピングカーを返却する際の注意点

こんにちは、#旅する編集部で1ヶ月間キャンピングカーでアメリカ横断していた阿部まなみ(@mnooooom)です。この旅で私たちは、アメリカと日本にて、キャンピングカーレンタル事業を運営する株式会社エルモンテRVジャパンから協賛をいただきました。

ロサンゼルスを出発し、ゴールはニューヨーク。こちらの記事ではレンタル時の様子をお伝えしましたが、今回はキャンピングカーを返却する様子について紹介します。

 

いよいよゴール、ニューヨークへ

1ヶ月間旅をしたキャンピングカーとも、いよいよお別れ。大変なこともありましたが、メンバーとの楽しい生活が終わると思うと、急に寂しくなってきました。

荷物をすべて持って、建物の中に入っていきましょう。

 

返却手続きへ

返却の受付時間は、午後1時~4時まで(営業時間は5時まで)。なお、オプション(125$)で朝8時以降いつでも返却することも可能だそう。

返却の際、特に必要なものはありませんが、借りる際にもらった書類はどは手元に用意しておくと良さそうです。また途中で事故や故障などがあった場合は、その書類も出しておきましょう。

 

車体のダメージチェック

スタッフの方と一緒に、車体の傷などを確認していきます。

どんなに気をつけて運転していても、車体が大きいせいもあり傷がついていることも。

次は車内も一緒に確認。ジェネレーター(発電機)がきちんと作動するか、忘れ物はないかなどもチェックしていきます。

私たちの車は、返却時は天井部分、ドアのストッパー、車体右側のひっかき傷などが破損していたので、それらに保険が適用されました。支払いは現金だけでなく、カードでも可能。

対物対人含めて、入れる保険には全て入っていましたが、エルモンテRVの場合は1回の破損での負担額が最大1000ドルまで、つまり1000ドル負担したらそれ以上の自己負担はなし、になります。

関連記事リンク(外部サイト)

TABIPPO編集長ルイスの冠ラジオ番組が全国31局ネットで始まりました!
あなたは見つけられた?アメリカ横断企画 ウォーリーを探せ & Frame in Photo
ほぼ毎日撮影!アメリカ横断中のリアルな食事事情を大公開
贅沢すぎる絶景!アメリカのモニュメントバレーで最高のプロフィール写真を撮影してきた

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。