体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤原ヒロシお気に入り“入った途端に香港を味わえる”店

藤原ヒロシお気に入り“入った途端に香港を味わえる”店
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「JUN THE CULTURE」(ナビゲーター:藤原ヒロシ)。12月30日(土)のオンエアでは、藤原のおすすめ、日本にいながら香港にいる気分が味わえる…という飲食店の話をしました。

この日が年内最後の放送ということで、この1年を振り返る藤原。今年は、昨年同様、海外に行く機会が多かったそうで、2年連続で20万マイルが貯まったとか。

そんな藤原は、日本で食事をしていても「海外っぽいな」と思うことがたまにあるそうです。例えば、六本木のグランドハイアット 東京の中にある寿司屋の巻物は、海苔ではなくてご飯で巻いてあるそうなのですが…。

「海外では、黒い食べ物はあまり好まれないので、海苔で巻いて見た目が黒いと違和感があるんです。そこで、海苔を中に入れてご飯で巻いているんです。それを見た時に『海外っぽいな』と思いました」(藤原)

そんな中、青山で中華料理店を営んでいる友人と打ち合わせをする際に、彼から「一度お連れしたいところがある」と言われて行った店が、香港っぽいところだったそうです。

その店は、飯田橋にある香港式の喫茶店 「香港 贊記茶餐廳 (ホンコンチャンキチャチャンテン)」です。喫茶店というよりも、香港にある食堂のような店だとか。そこは穴場で藤原もかなり気に入ったそうです。

「(その土地の)美味しいものは輸入できるけど、空気感を輸入するのは難しいんです。その点、こちらの店は入った途端に香港にいる気分になれる素晴らしい店!」と絶賛。

濃いミルクティー、トーストの中に練乳が挟まっている練乳トーストなどのメニューの中で、藤原が最も感激したのは「焼きインスタントラーメン」だそうです。

「多分、インスタントラーメンを炒めて味付けしているんだけど、美味しいんです。僕はまたお茶をしに行きたいと思っています!」とおすすめしていました。気になる方、年末年始に東京にいる方はチェックしてみてください♪

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JUN THE CULTURE」
放送日時:毎週土曜 14時10分−14時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/culture/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy