体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お年玉はいくらあげるのが相場?そして大金をもらい過ぎたら!?

子どもや親戚が多いお父さんお母さんの悩みどころが、お正月にあげるお年玉。いくらくらいが相場なのか? この加減がよくわからないという声をよく聞く。

そこで調べてみた。

ある銀行が、お年玉をいくらあげるのが相場か? を簡単な算出方法を出していた。

 

500円 ✕ (子どもの年齢 - 5)= 目安の金額

これで計算すると・・・

小学1年生(7歳)      ¥1,000―

  2年生     ¥1,500―

  3年生     ¥2,000―

  4年生     ¥2,500―

  5年生     ¥3,000―

  6年生     ¥3,500―

中学1年生(13歳)      ¥4,000―

  2年生     ¥4,500―

  3年生     ¥5,000―

高校1年生(16歳)¥5,500―

  2年生     ¥6,000―

  3年生     ¥6,500―

 

一応こういう金額になる。

あくまでも目安なので、特に親しくしている親戚の子供や、入学や卒業などがある子どもには上乗せするのも良い。500円玉が面倒な場合は省いても良い。兄弟がいる場合は上の子を少し多くあげるとか、工夫も。また、親戚が多い場合は、皆であげる金額を話し合って統一しておくと、子どもからの評価が均一になるので良い、なんてこともあるそうだ。

孫に大金!?そんな時は

あおぞら銀行がシニア層に「孫へのお年玉にいくらあげるか」というアンケートを行い、約2000人からの回答をまとめた。それによると、2018年は、全国平均で8,100円。これは去年より200円上がったとのこと。また、関東の平均は8,200円、関西は7,600円だったそうだ。

あげる子どもの年齢まではわからなかったが、小学生低学年の子どもに5千円~1万円はちょっと与えすぎという気もする。かといって、子どもに「そんなにもらっちゃだめ」ともいえないし、じいさんばあさんに「そんなにあげないで」とも言いにくい。

そんな時は(金額に関わらずだけど)、子どもに「こんなたくさんお年玉もらったんだから、お返ししてあげよう」と提案してみて欲しい。お返しにプレゼントを買ってあげるのだ。孫は、いつもいろんな物を買ってもらう側だから、こういう時こそ、自分のお金で気持ちのお返しすることを教えてあげる。

物はなんでも良い、何をあげたら嬉しいか親が一緒に考えてあげる。装飾品も良いけれど、毎日使うような日用品はずっと使い続けてくれるとか。まぁ、何をもらってもじいさんばあさんは泣いて喜ぶだろう。

もらうだけ、は気持ちを…

子供の科学 2018年1月号
Fujisan.co.jpより

自分の子はお年玉をもらって、相手の家にはあげる子どもがいない場合がある。以外に気付かないが、こんな“子どもがもらうだけ”のケースもあるはず。それが特に結構な金額だった場合は、何かお返ししてあげると向こうも嬉しい。そして、お返しの品を親が選ぶのではなく、子供に選ばせることがとても大事だ。こういうお金と気持ちのやり取りはひとつの社会勉強になる。

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。