体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガーリーとキレイめ、2つの印象を楽しめる♪ 簡単シンプルなハーフアップはいかが?

作り方は簡単ハーフアップ! でもそれだけじゃない!!

ご紹介するお手本のスタイルはいたってシンプルなハーフアップアレンジです。

ですが今回は、同じ作り方で異なる2つの印象のヘアスタイルの作り方をお伝えします。
ほんの少しのアイデアで同じ作り方でも変化を楽しめるデザイン。

違う印象の作り方のポイントを知れば、他のヘアアレンジでも応用がきくのでオススメです!

テクニックは共通、大切なのはポジション

今回は左側の[A]をハーフアップ、右側の[B]をポニーテール風に仕上げます。

1. 最初にサイドの髪を取って後ろで結びます。[A]と[B]の大きな違いは取る毛量と位置です。
[A]はサイドの毛の中から取るイメージで、[B]は耳の後ろ辺りまで取りましょう。顔周りの似合わせにも関わるので鏡を見ながら行ってください。

2. 2つの毛束を後ろの中央でまとめてくるりんぱに。

3. 同じ要領で、今度は一段下の毛束を取ります。[A]と[B]のどちらも初めより少なめに取るとバランスが良いです。

4. 取った毛束を初めの毛束に通して、最初の結び目に重ねてヘアゴムで結びます。

5. 一回転くるりんぱして、位置を調整したら出来上がりです。

少し極端に作りましたが、[A]はラフな質感ですが適度なボリューム感のあるガーリースタイル、[B]はちょっとしたお出掛けにも使える、キレイめカジュアルスタイルという感じです。

ちなみに、仕上げのヘアアイロンで巻き具合でも印象を変化させることができます。ぜひお試しください。

美容師/福原慶之(intim hair)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。