体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハンドスピナーになった不思議な六面体「GLITZCUBE」

この六面体は一体何だ!?そう思わせる新型ハンドスピナーがある。

それがクラウドファンディングサービス「Indiegogo」に出展された、「GLITZCUBE」だ。

サイコロのボディが高速回転

GLITZCUBEは一見、ただの六面体である。もっとも、表面にはスワロフスキー社のクリスタルが埋め込まれていて、かなり優美な作りではあるが。

しかしこれはハンドスピナーである。六面体を袈裟懸け状に切った部分が、勢いよく回転するのだ。

アルミニウム素材のこの製品、すでに各国のYouTuberがレビュー動画を配信している。GLITZCUBEは「キュービックスピナー」と呼称されているが、開発者は「安全かつ高クオリティーのハンドスピナー」と謳っている。

使用されているベアリングは防錆ステンレス素材。品質面には問題なさそうだ。

1個29ドルから

GLITZCUBEの価格だが、現在Indiegogoにて1個29ドル(約3300円)の出資枠を設けている。2個セットの枠は58ドル(約6600円)。

資金調達も上々で、期限残り1ヶ月程度を残した時点で目標金額の倍以上の額を手にしている。配送は3月から。日本へのそれも受け付けている。

Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。