体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SAKA-SAMAが重大発表! 4曲入りマキシ・シングル&O-nestで初ワンマン

SAKA-SAMAが重大発表! 4曲入りマキシ・シングル&O-nestで初ワンマン

SAKA-SAMAが、12月30日、新宿Motionで開催したイベント〈SAKA-SAMAの大忘年会〉にて、2018年の活動に関する重大発表を行った。

先日放送された『南波一海のアイドル三十六房』にて、SAKA-SAMAの『マサカサカサマ / 真夜中のスケッチ』が、ライターの南波一海、タワーレコード社長の嶺脇育夫の独断で2017年の最も優れたCD-R作品を選出する「R-グランプリ 2017」で1位を獲得、大きな注目を浴びる中、年末の早朝にも関わらず約50名近い観客が集まった本イベント。

メンバー4人がステージ上で発表したのは2点。

1つ目は、SAKA-SAMAのオフィシャルHPの開設。HP上では、メンバーの個別インタヴューが毎週1本づつ掲載されるなど、コンテンツが随時更新されていく。年明け1月に公開が予定されている。

2つ目は、2018年2月28日に、4曲入りマキシ・シングル『夢のはてまでも』をTRASH-UP!! RECORDSより初の全国流通でリリースする。同シングルには「パーティー・パーティー」「ネズミの生活」「終わりから」「すいみんぐ」の4曲が収録される。

その2点を発表し、メンバー1人1人が2018年への抱負を述べてステージを去ろうとした瞬間、BGMが流れ、TRASH-UP!! RECORDS代表の嶋田マユミがステージに登場。驚いた顔をするメンバーの前で、2018年3月17日(土)、SHIBUYA TSUTAYA O-nestにて初のワンマン・ライヴを開催することをサプライズ発表、デザイン・チケットがこの日より手売りで販売開始された。

イベント終了後、芸能の神様が祀られている「芸能浅間神社」にお参りに行き、2018年への飛躍を祈ったSAKA-SAMA。果たして彼女たちは2018年スタートダッシュを切ることができるのか?! SAKA-SAMAの本格始動に期待が高まる。(西澤裕郎)

■ライヴ情報
SAKA-SAMA初ワンマン
2018年3月17日(土)SHIBUYA TSUTAYA O-nest
※現在、デザイン・チケットが物販などで手売り販売中。

・SAKA-SAMA オフィシャルHP (2018年1月OPEN予定)
http://www.trash-up.com/sakasama/

SAKA-SAMAが重大発表! 4曲入りマキシ・シングル&O-nestで初ワンマン
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy