体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“食の都かごしまフェア”も。江戸を感じながら「-両国- 江戸NOREN」で年越しを!

振る舞い酒に餅つき大会も!江戸を感じながら「-両国- 江戸NOREN」で年越しを!
両国にある「粋な江戸の食文化を楽しむ。」をコンセプトにした施設、「-両国- 江戸NOREN」。新年には、子供から年配の方まで楽しめる様々なイベントを開催します。

大相撲一月場所期間中には恒例となった相撲甚句の披露も。相撲観戦の方もそうでない方も、両国らしさを味わえる大人気イベントです。

振る舞い酒に餅つき大会も!江戸を感じながら「-両国- 江戸NOREN」で年越しを!
一月場所の開催と同時にスタートする『食の都かごしまフェア』では鹿児島自慢の食材を使ったメニューを用意。フェア限定なのでお見逃しなく!

振る舞い酒に餅つき大会も!江戸を感じながら「-両国- 江戸NOREN」で年越しを!
また、新春振る舞い酒や、元力士との餅つき大会なども開催。大人でも子供でも楽しめるイベントが目白押しです。

振る舞い酒に餅つき大会も!江戸を感じながら「-両国- 江戸NOREN」で年越しを!
来年も「相撲」や「江戸」にちなんだイベントを開催をしていくという「-両国- 江戸NOREN」。気軽に江戸の風情を感じられるので、お正月にぴったりのスポットですよ。

新春!振る舞い酒

新年をお祝いして、2018年の営業初日に『東京商店』自慢の日本酒で振る舞い酒を行います。
【実施日時】 1月3日(水) 12時から (なくなり次第終了)
【参加条件】 当日館内でお買上げしたレシートをお持ちの方 (20歳以上)

元力士と一緒に餅つき大会!

江戸時代から広く庶民に親しまれてきたとされるお餅。お正月の風習として、現代では餅つき大会も浸透しています。そんな中-両国- 江戸NORENで開催するのは、相撲の街・両国らしく元力士を招いての餅つき大会です。餅つきパフォーマーによるパフォーマンス!
【実施日時】 1月6日(土) 14時から
      *餅つき大会終了後試食を配布します
【参加条件】 当日館内でお買上げしたレシートをお持ちの方

取組をするチャンスも!元力士による相撲パフォーマンス!

禁じ手や決まり手など意外と知らなかった相撲のあれこれを元力士が面白おかしく解説します。解説のあとは真剣三番勝負や写真撮影会も。男性の希望者は取組体験もできます。お子様も体験可能!
相撲初心者の方でも楽しめること違いなしの内容です!
【実施日時】 1月6日(土)、21日(日) 各日16時から

今大注目の鹿児島から美味しいものが大集結!食の都かごしまフェア

2018年は明治維新から150年の記念の年。さらに1月スタートの大河ドラマは鹿児島の英雄”西郷隆盛”が主人公!そんな中、鹿児島自慢の食材をふんだんに使用した期間限定オリジナルメニューを提供する『食の都かごしまフェア』を-両国- 江戸NORENで開催します。
今回のフェアのテーマはずばり”黒”。メイン食材に黒豚、黒さつま鶏、かんぱちを使用し、黒酢や黒麹焼酎など調味料も”黒”ずくしです。ぜひご賞味ください!
【実施日時】 1月14日(日)~2月11日(日)

江戸時代末期から始まった歴史ある民謡です 

力士が余興的に土俵でうたい、それに合わせて踊ったとされる相撲甚句。
「どすこい、どすこい」の掛け声で一緒に盛り上げてください。
【実施日時】 1月14日(日)、20日(土)、21日(日)、28日(日) 各日14時から

-両国- 江戸NOREN
所在地:東京都墨田区横網1-3-20 (JR両国駅西口隣接)
開館時間:10:00~23:30 ※営業時間は店舗により異なります
公式HP:http://www.jrtk.jp/edonoren/
公式FB:http://www.facebook.com/ryogoku.edonoren.jrtk
公式IG:https://www.instagram.com/ryogoku_edonoren/

■アクセス
JR両国駅西口隣接
都営大江戸線両国駅徒歩7分

[PR TIMES]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。